« 目黒区長の所信表明(15-02-25) | トップページ | 駒場野公園で炭焼き(2015-3-1) »

区議会議員の定数(15-02-28)

目黒区の人口269,774(2015年1月)に対して区議会議員の定数は36人。渋谷区では人口217,008人に対して議員定数が34人なのであるが、世田谷区となると、人口874,677人に対して議員定数は50人である。目黒区の議員一人当たりの有権者数が8243人なのに対して、世田谷区は17,493人。世田谷区民の一票の重みは目黒区民の半分ということになる。無論議会が違うので公正さということからすれば、問題がないとはいえ、区議会の議員定数のあり方について考えさせられる。

ことの背景は世田谷区の人口の増加なのだろう。1955年、今から60年前の人口を見ると、世田谷区が523630人。目黒区が253941人である。議員定数の推移は見ていないが、目黒区議会の定数に世田谷区議会が追い付いていない、というのが実情と思われる。

とはいえ、前回の区議会議員選挙での当選と落選のボーダーラインが、目黒区で1300票台だったのが、世田谷区では2800票台。世田谷区で当選のための必要得票数は目黒区の倍ということになる。

更に、区議会議員の会派では、自民党が世田谷も目黒も同じ13人。共産党も4人で同数である。公明党は議員定数に比例するかのように世田谷で10人、目黒で6人と、組織力の強さをうかがわせる。また、民主党は世田谷が3人に対し目黒は5人と上回っているのが興味深い。世田谷は一人会派が7つもあるのが際立っており、区議会議員が国政の政党支部の議員がよいのか、ということになるのかもしれない。

これからはじまる区議会議員の選挙戦に向けて、関心がどこまで高まるのか、注目したい。

|
|

« 目黒区長の所信表明(15-02-25) | トップページ | 駒場野公園で炭焼き(2015-3-1) »

地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目黒区長の所信表明(15-02-25) | トップページ | 駒場野公園で炭焼き(2015-3-1) »