« 4月は区議会議員選挙(15-02-22) | トップページ | 区議会議員の定数(15-02-28) »

目黒区長の所信表明(15-02-25)

2月25日付のめぐろ区報が配布されている。「住みたいまち、住み続けたいまち目黒に向けて」として、青木区長による所信表明の概要が出ているが、具体的な予算がからむ政策についてふれている部分を抜粋する。

〇人口構造の変化に伴う行政需要への対応という観点から、区有施設の見直しの具体化も重要な課題であり、段階を踏んで取り組んでいきます。

避難所の運営協議会への支援や、災害時の要配慮者対策などを進めます。
木密地域不燃化10年プロジェクトや、木造住宅密集地域整備事業都市防災不燃化促進事業などに取り組みます。

〇賃貸型や国公有施設を活用した私立認可保育所の整備など、保育所の定員拡大を図ります。また、認証保育所から認可保育所への移行支援を行うとともに、区立保育園の改築に合わせた計画的な民営化にも引き続き取り組みます。

〇東山小学校の改築や、区立小学校の通学路における防犯カメラの早期整備などに取り組みます。

〇10月から開始される社会保障・税番号制度への対応として、住民票などのコンビニエンストアでの交付を実施します。

27年度予算の詳細は以下で見ることができる。
http://www.city.meguro.tokyo.jp/gyosei/zaisei/yosan/gaiyou27.html

これからはじまる区議会議員選挙の候補者の皆さんはもちろん、投票する方でもこうした政策を踏まえ、誰がよいかの判断ができるようにしたいものである。

|
|

« 4月は区議会議員選挙(15-02-22) | トップページ | 区議会議員の定数(15-02-28) »

地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月は区議会議員選挙(15-02-22) | トップページ | 区議会議員の定数(15-02-28) »