« SHIBUYA109とシブヤの将来(2015-1-6) | トップページ | 神津島に何がある(15-01-10) »

調布から40分で大自然の中へ(15-01-09)

東京での街から大自然の中に短時間で飛び込む方法がある。京王線の調布駅から近い調布飛行場から新中央航空の19人乗りの小型機で伊豆諸島に飛ぶのである。夏なら海水浴やダイビングで賑わう島々のうち、冬の神津島に行ってみた。

飛行場から飛び立つと川崎、横浜の市街を見下ろし、江ノ島で海に出る。富士山もよく見えた。

150109_2_2
150109_3

機内は狭いので飛行機の動きを感じやすい。

150109_4


太平洋上に並ぶ大島、利島、新島、式根島を下に見て30分余りで神津島に到着。崖の上にある飛行場である。眼下は太平洋で、大自然の真ん中にあると言ってもよい。

150109_5

人影のない海岸と大海原の夕日。大都会からこんな大自然の中にいきなり飛び込むことができるのは、調布飛行場ならではだろう。

150109_7

150109_8_2

忙しい大人の休日にはふさわしいコースともいえそうなのだが、それほど知られていないようだ。

|
|

« SHIBUYA109とシブヤの将来(2015-1-6) | トップページ | 神津島に何がある(15-01-10) »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SHIBUYA109とシブヤの将来(2015-1-6) | トップページ | 神津島に何がある(15-01-10) »