« 書評『ダンテの遺言』(14-12-28) | トップページ | SHIBUYA109とシブヤの将来(2015-1-6) »

長老議員の引退(14-12-29)

解散総選挙に続いて4月には区議会議員選挙が行なわれる。早速新年会などで、議員や候補者の挨拶に熱が入る。そんな中、新年の挨拶に先んじて、目黒区の最長老議員である二ノ宮啓吉氏が引退することを発表した。親族ではない後継者を紹介するためであろう。

二ノ宮啓吉氏は1938年生まれで76歳。8期32年の目黒区最長老の議員で、9期目も考えた上で体力的な不安から後進に道を譲ることになったもの。
前回の選挙では36人の全当選者中得票数は27番目、自民党当選者14人中では10番目の得票であるから、目黒区議会に関心が強い人でなければそれほど知られてはいないのだろう。地盤である下目黒以外では、自民党を支持する票がそれぞれの地域の候補者に流れるような配慮がされているはず。余り目立っては困るという事情があったに違いない。

長老のイメージからするとインターネットとは縁が薄いように思いがちであるが、二ノ宮氏の場合は2002年の1月から「二ノ宮啓吉の区政日記」をインターネット上で公開している。しかもその内容には深みがあるのである。

今年の日記では、「日中友好団体として招待される」「北京市東城区との友好交流増進」「韓国ソウル特別区中浪区とのスポーツ交流」「東京都・北京市友好締結35周年記念講演」「中華人民共和国建国65年祝賀レセプション」と国レベルでは関係が冷えている中国・韓国との交流に大きな貢献をしていることをうかがい知ることができる。
http://www.enpitu.ne.jp/usr6/62529/

また、書画、写真の腕も相当なもので、文人ということばがふさわしい。

その一方で区長をはじめ、周囲の人にとっては煙たい存在でもあるのかも知れない。いや、議員というものそうでなければならない。物分りがよいのは困るのである。

いずれにしても、もう票が集まり過ぎることを心配する必要はない。多彩な趣味に没頭したいとの思いもあるかも知れないが、名誉区議として目立った活躍をされることを期待している。

|
|

« 書評『ダンテの遺言』(14-12-28) | トップページ | SHIBUYA109とシブヤの将来(2015-1-6) »

地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 書評『ダンテの遺言』(14-12-28) | トップページ | SHIBUYA109とシブヤの将来(2015-1-6) »