« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

衆議院議員選挙で候補者を知る(2014-11-27)

12月2日(火)公示(立候補受付日)、14日(日)投・開票のスケジュールで衆議院議員選挙が行われる。選挙民の関心は低いとの報道がされている。2年前の衆議院選挙での東京都全体の投票率は62%、昨年の参議院選挙では53.5%であった。

報道の関心は全国で議席がどうなるかということ。しかし、投票できるのは選挙区の候補者だけである。政権がどうなろうが、選挙民にできることは自分の選挙区の候補者の中から誰を選ぶかということしかない。

限られた候補者の考え方、人柄に納得できるかどうかであろう。幸い今回の選挙では東京5区・7区の候補者はツイッターかフェイズブックで日々の行動をアップしている。政策もホームページでチェックできる。各候補者の比較がしやすいようにしたので、利用いただくとよい。
http://www.shibuya-west.com/2_giin.html

ちなみに、最高裁判所裁判官の国民審査も行われるが、こちらはそんなのがあると意識する人は少ないようだ。

| | コメント (0)
|

『渋谷WEST』リニューアルオープン(2014-11-23)

9月18日に『渋谷WEST』のリニューアルをお知らせしてから2ヶ月余り。基本的にリンク集なのであるが、特にエリアガイドの部分で、対象地域に情報量の豊富でこれまで見ていなかったセンター街や公園通りを加えたため、予定以上に時間がかかってしまった。

公開はしたものの、日々内容を充実させていくことはいうまでもない。
12年前にこのサイトをはじめた時と比べると、リンク先の情報量が飛躍的に増えていて、このサイトを見れば渋谷のことはほとんどわかるといってよいだろう。さらに、このサイトほど渋谷の情報が分かるサイトにリンクをはっているサイトはないと自負している。

検索エンジンで発信されている情報を見つける方法があるが、『渋谷WEST』は検索キーワードがわからなくても渋谷に関する情報が入手できるはずなのである。

渋谷といってもカバーしているのは246とJRの線路、旧山手通りと神山町の住宅地に挟まれた地域。渋谷駅の東側や桜丘までは及ばないが、どこかで線を引かなくてはならないものであろうし、そもそも力が及ばない。

また、「ニュースと論考」「世界が見る日本」からリンクをたどることで、世の中のほとんどのニュースと論考に接することができるようにした。

同時に、この地域のニュースソースとなるものも、発掘して紹介することにしている。たとえば、松見坂にある5軒の飲食店がフェイスブックやツイッターで情報発信していることが分かるようにすることも、価値あることではないだろうか。

引き続きこの地域に関しての情報発信をされている方々ないしは組織を見つけ次第掲載するようにしていくが、自薦他薦をいただければありがたく、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)
|

肉食革命か(2014-11-16)

「いきなり!ステーキ」渋谷センター街店が11月5日にオープンした。東急本店から東急ハンズに抜ける道、すしざんまいのある道からセンター街側に入った、できたばかりのビルの1階である。
立ち食いそば屋かラーメン屋のような外観。メニューだけが目立つ。そのメニューというのはリブロース、サーロイン、ヒレの3種類のグラム単価。

11時から23時までの営業で、11時から15時までの4時間ものランチタイムには300グラムのワイルドステーキがライス、サラダ、スープ付きで1200円(税別)という値段で食べられる。部位は肩ロースのよう。その時間帯であれば、肩ロース、リブロース、サーロイン、ヒレの4種類の肉が選べることになる。しかし300グラムというボリュームを覚悟しなくてはならない。

店内の客席には椅子がない。立ち食いである。カウンターの前に立ち、そこにある番号札をもって調理場に行き、いきなり!ステーキ注文。希望の肉を300グラム以上(ヒレなら200グラム以上)をカットしてもらい、椅子のない席で焼きあがるのを待つ。パンもスープもなく、サラダ、ライスがオプションというもの。焼き上がるとスタッフが運んできてくれる。それに特性のソースをかけて食べるのである。

飲み物もオプションも注文せず、出された水を飲んでステーキを食べる。文字どおりのいきなり!ステーキ。食後のコーヒーは店を出てから考えることに。

ホルモン焼肉の系統は人気があり、店舗数が増えているが、ステーキ専門の店は高級でなかなか手の届かないタイプのレストランであった。それを一気に大衆化したことになる。肩ロース、リブロース、サーロイン、ヒレの4種類のステーキを300グラム以上のボリュームで食べる環境ができたのだ。

「いきなり!ステーキ」は肉料理で10のタイプのレストランを運営する株式会社ペッパーフードサービスによるもので、昨年12月に一号店を銀座で開店。今年の12月で30店舗の展開となる。
同社が運営するレストランはペッパーランチを中心に、今年6月の時点でアジア太平洋13か国で176店舗、国内150店舗にものぼる。1970年に現社長が向島で創業したことから始まるレストランチェーンなのだが、「いきなり!ステーキ」はその経験を踏まえた画期的な食サービスであろう。価格を抑えるために椅子を取り払い、メニューを簡素化するという究極のステーキ専門店なのである。


141116bloo


| | コメント (0)
|

リニューアルのコンセプト(14-11-09)

渋谷WESTのサイトのリニューアル作業を進めているが、エリアごとのタウンガイドでは現在リンクをはっている口コミサイトははずし、フェイスブックやツイッターを含め、積極的に情報発信をしている店を中心に構成する。
インターネットがリピーター客とのほどよいコミュニケーションの場となりつつある様子が、それらのリンクを通じて伝わってくるからである。
このエリアにある店の多彩な個性が街全体の魅力を引き出すことになるともいえるだろう。しかし、それぞれの個性は必ずしも万人向きではない。

例えば松濤の喫茶店「パブリック松濤」。
店に食事のメニューはない。初めての人が「WEBで料理の写真を見たけれども」といってもコーヒーとワインのメニューでの対応しかしてくれない。おまかせで何か食べられることもあるけれども、料金は不明。料理は出てくるまで何を食べさせれらるか分からない。
頑固おやじが経営している店のようだが、経営者は若い。

今月のある日、出てきた料理は、トマトとパプリカのスープ。
141108

焼きたてのパン。
141108_2

これに豚肉と野菜をはさんで。
141108_3

これ食べたい!といっても再現されることがないのが、この店の流儀。

そんな店が見つかるようなタウンガイドにしてみたい。

| | コメント (0)
|

渋谷のハロウィンとクールジャパン(2014-11-2)

昨夜の渋谷はセンター街を中心に、ハロウィンの仮装で身を包んだ大勢のひとたちが通りを埋め尽くした。ハロウィンとは無関係にコスプレを楽しんでいるようでもあったが、一部のマニアだけではなく幅広い層の人たちが集まったことは間違いない。ハロウィンのイメージに沿った主催者のないお祭りなのである。

スクランブル交差点では警察官による交通整理で安全を確保していた。サッカーの試合後の騒ぎとは違い、大声を出したりすることはないものの、その数ははるかに優っていた。
警察や駅関係者がどこまで想定していたのかは分からないが、想定外ではないものの予想を上回るものであったろう。

これをバカ騒ぎと嘆く人の方が一般的なようでもある。しかし、これだけ人が集まることの意味は大きい。しかも実行委員会などを作って経費をかけて集客する数多くのイベントと比べると、極めて効率的かつ効果的な結果を出しているはずである。計画的なイベントも一部にはあったにせよ、渋谷だからというだけの理由で人が集まったことは評価されてよい。

一方で、主催者がないから責任の所在がない。ゴミが出たりしたりで、迷惑だろうとの憶測もされている。それでも、それなりの経済効果はあったろうし、世界から渋谷のハロウィンは面白いとの評価が広まって悪いことはない。渋谷でハロウィンを見物しようとか、仮装して参加しようかという人がこれから出てくれば、大きな成果といえないだろうか。

来年は渋谷のハロウィンで、どれだけ世界から観光客を集めることができるか、ということになるのかもしれない。クールジャパンのプロモーションとなることは間違いあるまい。ただ、行政は積極的に関与するより、警備や外国人サポートなど、裏側で支えた方がよさそうだ。

141102_3


141102_1_2


| | コメント (0)
|

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »