« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

ごみについての勉強会(14-8-30)

「これからの社会とごみについての勉強会」が主催する「これからの社会とごみ連続セミナー」の第1回が今日、自由が丘住区センターで開催された。
11月15日までの第4回までの日程が決まっていて、毎月1回のスケジュールで勉強会を行うことになっている。

今日は「目黒区のごみと資源」と題し、目黒区清掃リサイクル課からの目黒区のごみ全般に関する説明を受けた後、目黒区の住民で経済学者の斎藤修一橋大学名誉教授から、目黒清掃工場の数値データをベースに「23区における目黒区のごみ」についてその位置づけのお話しがあった。

目黒区は23区のなかでは、自区内のごみ処理責任を果たしたうえで、他区のごみ処理に貢献している。2012年度の実績では、目黒清掃工場でのごみ処理量の目黒区内分の比率は38.8%。20ヶ所ある各清掃工場の他区ごみ焼却比率は2008年~12年平均で、54.6%と続く有明、墨田、中央の4工場とほぼ同じではあるが、トップ。反対に、大田清掃工場では他区ごみはゼロである。一方、各区の他区工場依存度を見ると、中央区が0.5%でほぼ全量自区内で処理しているのに続き、目黒区は2.8%で3位。千代田、新宿、文京、台東、中野、荒川は100%他区に依存している。
また、目黒清掃工場では、容器包装プラスチック類が分別されていない他区(世田谷・渋谷)のごみも引き受けており、その比率は30%にも上る。

目黒清掃工場は、1991年に自区内処理の原則」により建設された工場として竣工した。ところが2003年からは、自区内処理から共同処理への方針の転換があり、「23区は工場のある区もない区も相互に協調・連携し、全体の責任として、特別区の区域から排出される一般廃棄物の安定的な中間処理体制を確保すること」となった。
一方、23区のごみ排出量は1990年の年間480万トンをピークに毎年下降し、2013年には280万トンとピーク時の60%を切る実績となっている。

にも関わらず、2014年2月に目黒清掃工場建てかえ計画素案説明会が、現在の600トン規模で示されている。

清掃工場の建て替えは東京二十三区清掃一部事務組合(一組)の起債により行われ、利用する区が応分の負担をするそうだが、区議会での予算審議の対象外らしい。

周辺の環境問題もさることながら、建てかえによる区の負担の問題も含め、この問題についての議論の情報開示と、区民への納得のいく説明が求められよう。

| | コメント (0)
|

末永みらいの世界(14-8-24)

日本文化が好きになり、日本で生活をしたいと思うようになったロンドン生まれの華人系マレーシア人、ダニー・チュー氏が作ったマスコットキャラが「末永みらい」。日本文化を世界と共有し、外国からアクセスし易くさせることに使うという。

イラストやコスプレ衣装として先行し、2013年には観光庁の公式マスコットキャラとなっているが、末永みらいを人形として商品化し、60センチのスマートドールとして発売したのは今年の6月。価格は58、000円という高価なものにもかかわらず、注文が殺到していて、現在受注は止めている状態という。受け付けた注文の出荷は9月中旬から10月中旬にかけてとか。その上、こんなことを書いて注文を抑えているほどの人気である。「なお、みらいちゃんは至らないところは多くて正直他のドールメーカーのクオリティーに到達していなくて、既存のドールユーザーにお勧めできません。絶対買っちゃダメ!後悔する確率は高い!」と。

海外にファンが多く、マレーシア、インドネシアなどでキャラクターとしてさまざまな形で使われている。しかし、スマートドールの生産については、「海外での生産はコストの安さしかメリットが見当たりませんでしたが、日本国内はコストが割高ではあるものの、生産する理由は沢山ありました。」ということですべての生産工程を日本国内で行っている。

こうしたポップカルチャーにより、日本文化に関心を持つ海外の人たちは飛躍的に増加しているようである。ちなみにスマートドールはSmart Doll。SMARTはSMがSocial MediaでSocial Media Artだということ。ツイッターとフェイスブックといったソーシャル・メディアをフルに活用しての日本文化のPRには、日本の日常をあたりまえと感じている日本人よりも、英語が自由な海外出身の人の方が適しているのだろう。


140824mirai


| | コメント (0)
|

松見坂交差点のリニューアル(14-8-23)

中央環状品川線の開通は来年4月の予定である。それに併せて10年以上もの期間工事中の状態だった山手通りの松見坂交差点がようやく最終的な形になろうとしている。拡張される歩道の境界が設置されはじめた。これから車線を少しづつ動かし、歩道も半分ずつ整備していくのだろう。

松見坂交差点から大坂橋下までの区間、歩行者は多くはないけれど、整備されれば散歩道コースとして注目されておかしくない場所。これからの工事の進捗が楽しみである。

それにしても松見坂交差点は急な坂道同士の大きな交差点として、観光スポットになってもよさそうなもの。真ん中に広告塔でもあれば話題になることは間違いない。

松見坂交差点から大坂橋方向
140823_3


140823_2

大坂橋下付近から松見坂交差点方向
140823_1


| | コメント (0)
|

コンビニ2店舗のオープン(14-8-19)

この7月に2つのコンビニがオープンしている。一つは山手通りが246の大坂橋をくぐる角にローソンが既存のビルの1階スペースに入居。東都リハビリテーション学院の裏手でもある。
もう一つは松見坂上に以前からあったセブンイレブンで、ビルの建て替えに伴い、しばらく休業していた店が復活した。店舗面積が従来の店より広くなり、都立駒場高校の生徒の利用が多いためか、高校生向けの菓子類が充実しているようである。
いずれも住所は大橋2丁目。その一番低い場所と一番高い場所に立地することになる。
その地理的関係から、両方の店を意識している住民は限られるのかもしれない。

ローソン
140819_1

セブンイレブン
140819_2


| | コメント (0)
|

街の人がつくる街の情報サイト(14-8-15)

「街の人がつくる街の情報サイト」は10年以上も前から、地域情報サイト、地域SNSという形でさまざまな地域で試みられている。『渋谷WEST』もその一つである。

今年の6月にはKADOKAWAが日本全国を数万人規模の地域に区切り、そこに地域編集長を配置して47都道府県の地域情報を発信する『Walker47』を全国一斉に立ち上げた。全国の千人規模の地域編集長が担当地域の情報を発信し、一般の人も書き込むことができるというものである。ただしこれはスマホ専用のサイトとなっているのでパソコンでのぞくことができない。

横浜ベイスターズの親会社であるDeNAも、地域の人が投稿する『マチコト』を全国規模で展開することを想定し、フェイスブックにも広告を出している。地域ごとに参加者を募集し一定数集まったらサービスを立ち上げるということらしく、希望者を募集している。まずは世田谷区の三軒茶屋周辺でのスタートである。

『マチコト』の立ち上げ背景として、そのサイトでこう記している。「現在地域コミュニケーションがますます希薄化してきています。都会では隣に住んでいる人や近所に住んでいる人を全く知らないということも珍しくありません。勤勉な日本人は毎日朝から晩まで一生懸命働いて、休日はとても疲れてしまっています。ではこの時間も余裕も無い中、どうやって地域と関わっていけばいいのでしょうか? 」

その内容として想定しているのは、「街の事件/事故情報」「児童館や学校の情報・評判」「オススメのお店」「信頼できる病院」「街のイベント情報」「迷い犬などの困りごと」などなど。

地域社会がインターネットでつながる時代がいよいよ実現しそうである。

| | コメント (0)
|

世界の人々と接する代々木公園イベント広場(14-8-12)

代々木公園とNHK放送センターの間にある代々木公園イベント広場では、アジア諸国のイベントが実績を積み重ねているが、今年はヨーロッパ諸国の文化を紹介するイベントが開催された。『ユーロフェス2014』と題する舞台での演奏と、おなじみのテントでのファーストフードなどでの出店という構成。

ヨーロッパといってもバルカン諸国は16世紀から18世紀の間はオスマントルコ帝国となっていたり、スペインがイスラム文化の担い手であった時代もあったりと、過去に日本への影響が多かったイギリス、フランス、ドイツなどとは違った文化の国々の参加が、特に出店では目立っていた。

このイベント広場での海外関係の開催実績をみると、この6・7月だけで以下のものがある。

「メコンダンスフェスティバル2014」「カリブ・ラテンアメリカストリート」「ASEAN FESTIVAL2014」「西インド諸島・アフリカダンスフェスティバル2014」「ポリネシアフェスティバル2014」「ワンラブジャマイカフェスティバル2014」「ワールドグルメ&ミュージックフェスタ2014」「ブラジルフェスティバル」「タイフェアin東京2014」「渋谷ハワイアンフェスティバル」

一年中お祭りをやっている代々木公園イベント広場は、年毎に活気を増してきているようである。

140811_4


140811_3


140811_2


| | コメント (0)
|

お盆に家族でBarへ行く(2014-8-6)

『お盆に家族でBarへ行く』と題する演劇の公演が、8月4日から10日まで、7日間延べ12回行われる。場所は文化村通りの松濤美術館に近いバー『BASE』。特設舞台があるわけではなく、店そのものを舞台装置とする。観客は出演者たちの演ずるドラマをあたかもエキストラになったように同じ舞台にいる臨場感をもって観ることができるのである。

しかも、上演時間の75分は劇の進行時間と同じにしている。つまり、全体が75分のドラマなのである。そのため、観ている者も劇の中に入り込んでしまう。観客の数は満席でも20名足らずだし、劇が現実に目の前で起こっていることのように感じるのは自然である。

映画やテレビはもちろんのこと、劇場での公演でも得難い経験なのではないか。必ずしも珍しい演劇のスタイルではないのかも知れないが、こんな楽しみ方のあることを教えてもらえた。

で、どんな話か、ということについては、シナリオを書いた岡見文克さんのブログで。

コメディなのに泣かせる作品に仕上がっている。

予約はこちらから

140806_1

バーの店長で出演者でもある山本桂希さん
140806_2


| | コメント (0)
|

2027年の渋谷(14-8-1)

オリンピックは2020年。それから更に7年後の2027年度に完成させる計画で渋谷駅再開発の工事が進んでいる。10階建て以上の高層ビルが8棟建設されることになる。完成は2018年度に2棟、2020年ごろに4棟、2027年度までに2棟という計画で、埼京線・湘南新宿ラインのホームと、地下鉄銀座線のホームの移設もそれまでに行われる。
東横線ホームが地下深くもぐり、乗り換えがしづらくなったと不評のようであるが、これから13年に渡る工事期間、JRと地下鉄銀座線のホームへの導線がおそらく何度も動くことになり、不便な駅となってしまうことは避けられまい。
そこで、その負のイメージを払拭するためにも、いろいろなイベントが企画されることになるだろう。今年から2020年までの予定で開催される渋谷夏祭りもその一つか。

渋谷駅再開発に関わる8棟の高層ビルは発表されたが、それ以外にも再開発の可能性のある土地は駅周辺に少なくない。今日から渋谷ヒカリエ11階のスカイロビーで公開されている2027年の渋谷駅周辺の500分の1スケールの模型は、いうまでもなく再開発計画の範囲なのだが、それ以外にどんな構想がそれぞれの地権者、ディベロッパーにあるのかはうかがい知れない。

世界の中の東京、東京の中の渋谷がこれからどう見られていくだろうか。スクランブル交差点の現在の眺めも変わっていく。

140801_b1


140801_b2

現在のヒカリエから見た渋谷駅
140801_b3


| | コメント (0)
|

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »