« 渋谷のシンボルゾーン(14-7-11) | トップページ | 区議会議員定数の削減と議員報酬(14-7-15) »

まちかど防災訓練(14-7-13)

昨年は3回計画して雨で流れた駒場町会のまちかど防災訓練が、13日の午前10時から、目黒消防署、目黒消防団の全面的な協力のもとに実施された。まちかど防災訓練とは、学校の校庭などの広い場所ではなく、住宅地の傍で実施するというもの。大規模災害時に近所での助け合いができるようにする狙いともいえようか。

内容はストレッチャー、担架、リヤカーによる負傷者の搬送、消火器の取り扱い体験、三角巾による止血法の説明、スタンドパイプによる放水の体験であった。平時であれば、救急車や消防車が来るからそのようなことは不要なのだが、大規模災害時には消防による救助は期待することに無理がある。そんな事態に対処するための技術を、毎年の防災訓練を積み重ねることで地域の中に育てていくということなのだろう。自分の身を自分で守るための知識を習得する機会として貴重である。

「災害の発生がなく、訓練が結果として無駄に終わる方がよい」との考えもありそうだが、危険に対して自ら対処できるようにすることを知る機会ともいえるだろうから、掛け捨て保険のように安心を買うものとは違うようでもある。

参加者数はまずまずか。
140713_3

子供も体験したスタンドパイプ放水。
140713_5

最後は目黒消防団長の挨拶。目黒消防団の団員数が増えたとか。
140713_4


|
|

« 渋谷のシンボルゾーン(14-7-11) | トップページ | 区議会議員定数の削減と議員報酬(14-7-15) »

地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渋谷のシンボルゾーン(14-7-11) | トップページ | 区議会議員定数の削減と議員報酬(14-7-15) »