« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

書評『東京松山』 (14-6-30)

句集『東京松山』を手にした。2012年1月に刊行された井上じろという人物の作品集である。夏井いつき氏(Wikipedeaで松山在住の俳人と知った)の序文によると、その人物は松山に赴任したことのあるサラリーマンでエライ人らしい。1997年に句作をはじめたときからの作品を自ら選句・構成をしたとある。

これまで俳句も少しは知っておこうということで『子規句集』は手元に置いていたけれど、俳句の鑑賞はなかなか難しいものだとわかっただけである。俳句をたしなむ先輩にその点を聞いたところ「俳句というのはなんだかわからない句がいいんだよ」と教えられ、なるほどと思っていた。

そこで『東京松山』。1ページに2句、見開きで4句という構成である。岩波文庫の『子規句集』だと1ページに10句が詰められている。そうだ、俳句というのは余白が必要なのだ。余白に句に押し込められた情景がにじみ出てくるのだ、と俳句を知らない素人の野暮な感想である。

その中の一句「武蔵野に武蔵野残る桜桃忌」。武蔵野残るというのは、国木田独歩の作品『武蔵野』にある情景を踏まえているのか。「桜桃忌」は季語であり、ここでは太宰治の墓がある三鷹の禅林寺か入水した玉川上水の6月を指しているのだろう。武蔵野の雑木林も子供の時からよく知っているから、イメージが膨らむ。
これを「武蔵野の面影残す禅林寺」とすると素人の俳句もどきか。そもそも季語がないこと、文章の一部のようであってはいけないことが分かる。

ところが、同じ句集にある「山羊の乳ためしてゐたり漱石忌」となると、さて。17文字でどれだけ多くの想像を巡らせることができるか、作る側だけでなく鑑賞する側も力量が問われそうだ。

140630_2


| | コメント (0)
|

消防操法大会の開催(14-6-29)

目黒区目黒消防団の消防操法大会が本日午前9時から12時まで、目黒駅に近い目黒川沿いの目黒清掃工場の敷地で開催された。目黒消防団は12の分団からなり、団員として現時点で503名が在籍する。

消防操法大会はC級ポンプと言われる消防ポンプを5人の消防団員が操作して放水し、その正確さなどを消防署員である審査員が採点するというもの。優勝、準優勝などの表彰が該当チームに対して行われる。毎年開催されるもので、そのために1ヶ月ほどの期間、それぞれの仕事の後、夜間に操法訓練をして備えるから、なかなか大変である。

その訓練の成果が消防操法大会で発揮され、今年は目黒本町の第8分団が優勝、駒場・大橋に東山と青葉台の一部を加えた第1分団が準優勝であった。

何人かの区議会議員の多くが消防団員でもあり、ポンプ操法の選手としても活躍した。目黒区長他行政や国会議員、都議会議員、大学、高校などさまざまな機関からの来賓で、例年のことながら会場は目黒区の社交場と化してしまう。社交場といっても、ホテルなどで飲み食いしながらよりも健康的であるだろう。

こうした大会の実施を通じて一体化する消防団は、平時の消火活動や災害時の対応に当たっては地域の助けになるが、大規模災害時には地域よりも広域の目黒区を対象とした活動が要求される。従って、地域としては消防団から独立した地域独自の防災組織が必要となり、そのために駒場地区では駒場防災会議が組織されているのである。

第1分団による放水演技
140629_1

東京医療保健大学の学生による救護演技
140629_2

目黒消防団長からお礼の挨拶
140629_3


| | コメント (0)
|

駒場防災会議の開催(14-6-27)

昨夜7時から駒場防災会議が目黒一中で開催された。駒場防災会議は避難所運営協議会としての機能をもち、駒場小学校、目黒一中、都立国際高校、都立駒場高校の4ヶ所の避難所を統括する。それらの避難所に関わる、駒場町会の8つの地区と上八北自治会、氷川台町会からの出席者が、4つの避難所ごとのテーブルに着席した。

各町会からの出席者の他には、目黒区防災課、目黒区北部地区サービス事務所、都立国際高校、都立駒場高校、目黒一中、駒場小学校、愛隣会、駒場憩いの家から。地域を代表する顔ぶれである。

まず、目黒区の防災課長からビデオ映像も使った神戸や気仙沼の被災地の説明を受け、支援物資の運搬、ペット対策など具体的に課題となる事例を改めて認識させられことになった。

北部地区サービス事務所からは、目黒区内や近隣に住む区の職員は3割程度で転居もあり、当然区職員としての責務もあることから、住民自身が避難所の運営をせざるを得ないことについて理解を求められた。

議案としての決定事項は、見直しの対象となった地区ごとの避難所の確認、個別運営協議会の設置である。そのことからも、7月13日(日)午前10時から淡島通り沿いの駒場1丁目で予定している「まちかど防災訓練」以降の活動としては、避難所運営に関する話し合いをもつ機会を作っていくことになる。

目黒区が作成した「避難所運営協議会の手引き」を、「避難所運営協議会必読書類」の表題をつけたフォルダーに入れて地域の責任者に配布したことも新たな試みである。多くの住民が関心をもってほしい。

140627


| | コメント (0)
|

野次議員の功績(14-6-24)

都議会での野次が、それを受けた議員のツイッターによる反撃から、ネット上で知られるようになった。新聞での扱いもむしろ海外メディアの方が大きかったようである。
国会や都議会での野次は日常茶飯時。渋谷区議会でも盛んである。そんなことから沈静化できると関係者は踏んでいたのだろう。党が本格的に動き出してから名乗り出た本人も当初は記者に対して虚偽の対応をしていた。そして謝罪会見。

そこでの記者とのやりとりの全文を読むと、要するに「名乗り出なかったというか、私がやりました、ということでお詫びをする機会を逸してしまったということです。本当に申し訳なく思っております。多くの皆さまにご迷惑を掛けしたことに対しては、私自身、心から反省しております。本当に申し訳ございませんでした」の繰り返し。

情勢判断、危機管理を誤ったということはあるが、ここで議員辞職という前例を作ることは、ほとんど野次の禁止に等しい。悪質な野次は少なくないし、野次は議員の文化との意識が優勢のようなのでそこまでの問題にはなるまい。
マスメディアも今日この謝罪会見を大きく扱って幕引きなのではないか。会見でのやりとりを読むとなかなかしたたかだから議員としての資質はあるのだろう。選挙民に対して説明する能力は優れているのかもしれない。8人いる大田区の都議会議員の中でトップ当選しているから、自信もあることだろう。

いずれにしても議員辞職に値するかどうかは大田区民の判断である。仮に議員辞職となれば次点繰り上げ当選となるのはみんなの党の前区議。来年の区議選を前に大田区民の関心を高めることになったとすれば、功績があったともいえないだろうか。また、女性に対する発言についての警鐘を鳴らしたことも、長い目でみると評価されるのかもしれない。

| | コメント (0)
|

渋谷駅の再開発(14-6-18)

渋谷駅の再開発工事が見えてきた。東横線渋谷駅と東急東横店との解体工事がほぼ終わり、更地の状態になっている。工事の進捗状況はSHIBUYA FUTUREというサイトで公開されているが、いつどういう状態になるのかまでは確定していないためかわかりにくい。

発表資料によると、東横線のホーム跡に2020年に超高層ビルが1棟完成し、JRの線路の上と渋谷駅西口側のビルは2027年に供用予定となっている。この工事は渋谷駅街区のことで、その他に、東横線の線路跡に当たる渋谷駅南口街区、渋谷駅桜丘口地区、渋谷東急プラザの道玄坂一丁目駅前地区の3箇所でも再開発工事が行われる。それぞれ事業主体が違うため発表がバラバラになるようだ。

国道246号線の南側でJRと渋谷川に囲まれた渋谷駅南街区は、2018年の完成予定。地上32階建てのビルが中心となりホテルも入るようである。
渋谷駅桜丘口地区は2020年頃の開業予定で、地上36階、32階、15階の3棟の高層ビルが建つ。国道246号線の南側、JRの線路の西側の地域である。現状ではテナントの入っている中小のビルをどういう手順で解体していくのか、想像しづらいけれど今月16日に東京都が正式に都市計画を決定したので、プロジェクトは進められるのだろう。

さらに、渋谷駅西口バスターミナルの駅の反対側にある東急プラザを解体して、2016年1月工事着手で2019年3月に地上18階の建物が竣工する計画にもなっている。東急プラザ渋谷は来年をもって幕をおろすと「ハートフルフィナーレ」を始めた。1階の銀行は来年3月に移転と掲示しているから、その頃までにテナントの移転が進むのだろうか。渋谷市場がどうなるか、気をもむ向きも少なくない。

ともあれ、いよいよ来年から13年間、渋谷駅の周辺は一大工事現場となる。気長に完成を楽しみにしているという声は聞こえないのではあるけれど。

解体が終わった東横線ホーム跡
140618_1a

東急東横店東館がなくなった
140618_4a

東急東横店西館・南館の解体は2020年にビルができてから?
140618_5a

解体される東急プラザ
140618_6a

桜ヶ丘は街全体が生まれ変わる
140618_7a


| | コメント (0)
|

ソーシャルメディアで繋がる読書スペースがオープン(14-6-15)

道玄坂上に図書室の中で飲食をする「森の図書室」が7月1日にオープンする。30歳のオーナーである森さんの名前から「森の図書室」ということで、森の中にあるわけではない。その開店前イベントとしての読書パーティーが、13日から3日間開催された。16日から30日までは対象がクラウドファンディングで参加したパトロン1736人に限定した営業で、7月1日からは誰でも気軽に立ち寄れることになる。営業時間は当面午後6時から午前1時まで。仕事帰りの本好きの人が集まることを期待している。

渋谷とはいえスクランブル交差点からでは遠すぎる場所。道玄坂に面していても、目印は古いビルの入口にあるフロアーごとの表示だけである。最新のビルのものともクラッシクなそれともかけ離れたエレベーターや、入口のドア、そして店内も従来のオシャレなシブヤのイメージとは程遠い手づくり感覚といえよう。

しかし、ここはインターネットのSNSで繋がる世界。本の貸し出しもフェイスブックで管理するとか。SNSに無縁な人には適度な敷居の高さといってよい。また同席した新宿から来た人も「近くです」という位の感覚で、渋谷とも無縁だったエリアの人たちの期待もあるようだ。

大規模開発事業では、物販、飲食、サービスといった切り口でオシャレな箱を提供する。そんな場所が東京中いたるところにできてしまった。まち全体を観光地化する努力もされている。「森の図書室」はそんな誰もを対象とするテレビ時代の店ではない。SNSで繋がった同好の人がリアルな場で出会うちょっと秘密の場所。読書好きとはいえ、その読書内容は人によりさまざま。同じ分野・作家の愛好者がSNSで呼びかけ合い、ここで語り合える場となることを目指すのではないか。

いずれにしても渋谷には人の交流の場としてのブランドができている。サッカーの試合があるとわざわざ渋谷に集まってくるようにもなっている。読書を楽しむ人たちが集まる場に派手さは不要であろう。このエリアにふさわしい新しいタイプの文化の拠点が、デジタルネイティブ世代の力で誕生したことをよろこびたい。


140615_1


140615_2


| | コメント (0)
|

6月のおしゃべりサロン(14-6-11)

今月の渋谷WESTおしゃべりサロンは6月23日。テーマは「おしゃべりの話題をしゃべろう!」とした。どんなことが話題になりうるかというブレインストーミングになるといい。

おしゃべりの話題というのは案外難しい。女性にはそんなの簡単!といわれそうだが、たわいもないことで楽しむ才能があるというべきか。話芸というものは、その洗練されたものなのかもしれない。
いずれにしても、おしゃべりのメンバーが何に関心があるかということで話題が決まるのだろう。組織であれば、その目的にそった懸案事項やメンバーの噂話ということになる。地域であれば、共通の知人の噂話ということか。健康に関することはいつでも話題になる。

渋谷WESTおしゃべりサロンは誰でも参加できるおしゃべりの場所。本来ならば面白そうな話題があった時に聞きに行くのだろうけど、誰もが話したいことはあるはず。おしゃべりサロンでのたわいもない話の中に地域を観察するポイントがちりばめられている。政治・宗教を含め、PRしたいことのある方も歓迎しよう。

6月23日(月)14時から16時まで駒場住区センターで。会費は会場費として200円。どなたでも事前申し込みなしで参加いただけます。

| | コメント (0)
|

「里まち」と「まちリテラシー」(14-6-7)

恒例の「東大駒場リサーチキャンパス公開」で2004年から10年もの期間、渋谷区立上原小学校6年生の総合学習として実施されてきた「ぼくらはまちの探検隊」の成果を踏まえたシンポジウムが開催された。「身近なまちから創発する学問・社会リテラシー」と題し、小学生と大学院生のチームで創りあげてきた「まちリテラシー」についての発表である。10年の間には、上原小学校だけでなく、浜松小学校、佃島小学校、イスタンブール、ジャカルタでもこのプログラムが実施されている。
小学生の教育プログラムとしての考察もさることながら、その手法となる「まちリテラシー」の3つのスキルは、小学生だけでなく、地域社会で幅広く受け止められてよい。
相互に顔を認識できるくらいの居住範囲である「里まち」を観察、分析し、いいまちとは何かを考え、そこで責任ある関与をすることにより「いい里まち」を実現するためのスキルである。
もしかしたら「ムラ社会」においては、伝統的にそうした取組がされていたのかもしれない。しかし日常の活動が広域化した現在、同じ学校区の友達を知る小学生でなけらば、里まちの範囲が見えなくなっている。それを可能にするのはおそらく町会での活動なのだろう。
学校の授業であれば参加できることでも、地域社会の住民が「まちリテラシー」に対するモチベーションをどうすればもつことができるか。上原小学校の周辺地域への波及効果も限定的であったという結果に終わっていないか。
今後の可能性の方向の一つとして、高齢者の認知症予防プログラムとして「まちリテラシー」の手法が検討されてもよさそうである。

| | コメント (0)
|

池尻大橋の再開発用地(14-6-5)

目黒川は国道246号線の大橋から暗渠になって、せせらぎに草花を配した遊歩道となる。その北側の一段高くなったところにはこれまで日本通運の広大な事業所があった。それが昨年末に移転したようで、今年に入ってから社宅を含めての解体作業が進められている。
その敷地は、東邦医大大橋病院の前から坂を降りて入ることができるだけでそれ以外は道路に接していない。切り売りのしにくい土地なのである。
整地は6月一杯で終わるようで、その後どうなるかは知る人ぞ知るということだろうか。とはいえ、大橋病院の建て替え用地となると聞いたことがあるので、そうなのだろうと見ている。
いずれにせよ、建設工事が始まるとともに、用途と建物のデザインの発表もあることだろう。7月か8月か。なんだか目が離せなくなってきた。

敷地への入り口
140604_1

整地の様子
140604_3

敷地の突き当りから入り口方向を見る
140604_2


| | コメント (0)
|

一年中のお祭り広場(14-6-2)

渋谷駅からだと公園通りの突当り、原宿駅からだと代々木公園沿いにある代々木公園イベント広場。何年も前からアジアの国々のフェスティバルが開催されていたが、最近その頻度が急増しているようだ。毎週末にはさまざまな国の屋台が出るようでもある。活気がある上、これほどの頻度で国際色豊かな祭りに明け暮れているところはなかなかあるまい。
5月31日と6月1日のイベントは「メコンダンスフェスティバル」と「カリブ・ラテンアメリカストリート」。特にカリブ系らしき人たちの多いことがいつもと違う空気を漂わせていた。
お祭りは地域社会に根付いていることが基本かもしれないが、ここのお祭りは世界の各地から場所を借りて開催するもの。いわば出店である。表参道・原宿・渋谷の各駅をつなぐ散策ルートの中心にもあたり、イベントの開催により多彩な文化が出会う場所となっているこの広場は、安上がりに楽しめる東京の観光地として注目しよう。

スケジュールはここに。
http://www.yoyogipark.info/

140602_5


140602_6


140602_9


140602_3


| | コメント (0)
|

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »