« 明治維新150周年に向けて(14-3-29) | トップページ | 桜の名所 (14-4-9) »

焼肉の店(14-4-5)

昨年10月、道玄坂上に大阪焼肉・ホルモンの店「ふたご」がオープンしていた。赤提灯を出して、居酒屋の雰囲気と親しみやすさを演出する、全国展開の注目店である。

すき焼きや鉄板焼きも焼肉には違いないが、焼き肉というと網やグリルで内臓肉と併せて食べるものということが常識になっている。韓国料理のような印象があるが、日本で親しまれている焼肉店と、韓国にあるカルビ専門の焼肉店とは違う。日本で生まれた韓国風食文化といえるのだろう。その意味で、大阪焼肉・ホルモンの店という呼び方は正確で適切な表現といえよう。

そんな焼肉店それぞれの違いは、肉、たれ、焼き方にある。内臓肉の種類にこだわるか、ロース、カルビでよいか、肉の切り方、炭火かガスコンロか、などなど。神泉、円山町には8軒の店があるけれど、価格も含めてどこを選ぶかは、隣の席との間隔や、誰と行くか、煙がついてもよい服か、といったことも気にすべきことかもしれない。もちろん神泉・円山町の範囲で選ぶ必要もないのだが、選択範囲を狭ばめた方が割り切りやすいのではないか。ただ、このエリアには安さを売り物にする店はない。

|
|

« 明治維新150周年に向けて(14-3-29) | トップページ | 桜の名所 (14-4-9) »

お店の紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明治維新150周年に向けて(14-3-29) | トップページ | 桜の名所 (14-4-9) »