« 駒場紹介マップ(14-4-24) | トップページ | モスクのある街(14-5-2) »

渋谷の外側の発展(14-4-30)

渋谷は鉄道の乗換駅であり、東横線や田園都市線沿線の人たちが買い物などに来る街であった。しかし、今では田園都市線の二子玉川に続いて、東横線の武蔵小杉が新しいターミナルとして人の流れを変えている。
武蔵小杉にJRの横須賀線・湘南新宿ライン駅ができたのが2010年。東京駅に直結し、成田エクスプレスも停車する。東横線は渋谷駅で副都心線とつながり、目黒線は南北線に乗り入れ、溜池山王駅で都心各地へ向かうことができる。
それだけ便利だということと、大規模開発が可能な土地があったことから、武蔵小杉には高層マンションが林立するようになった。
東横線の渋谷駅が地下深くもぐり、不便になった分、渋谷駅で乗り換えすることを避けるようになるだろう。したがって、渋谷駅は通勤・通学に使う駅から観光客のための駅にならざるを得ないのではないか。ただその観光資源がハチ公に代表されてよいものなのか。課題は少なくない。

武蔵小杉駅周辺
140430_1


140430_2


140430_3


|
|

« 駒場紹介マップ(14-4-24) | トップページ | モスクのある街(14-5-2) »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 駒場紹介マップ(14-4-24) | トップページ | モスクのある街(14-5-2) »