« 東京シャンゼリゼプロジェクト(14-3-18) | トップページ | 桜が咲いてから(14-3-27) »

さくらを待つ日々(14-3-23)

さくらのつぼみが色づきはじめた目黒川では、ボンボリが取り付けられ、25日から4月10日までの期間点灯される。ライトアップは4月1日からだが、いよいよさくら祭の賑わいに春の訪れを喜びあうことになる。冬が終わった、新年度が始まった、新しい職場、新しい学校、と、生活の区切りの時期でもある。そんなこともあってさくらはどの花よりも多くの人たちに愛されるのだろう。
駒場公園、駒場野公園もお花見の名所。東大のキャンパスを含め、駒場には桜の木がいたる所にある。散歩コースとして訪れる人も多いようだ。
さくらが咲けば季節が変わる。そんな思いでこの時期をしのいでいるひとも少なくあるまい。本格的な春はもうすぐだ。

|
|

« 東京シャンゼリゼプロジェクト(14-3-18) | トップページ | 桜が咲いてから(14-3-27) »

駒場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京シャンゼリゼプロジェクト(14-3-18) | トップページ | 桜が咲いてから(14-3-27) »