« 3月9日の防災訓練(2014-2-20) | トップページ | 地域の国際化(14-2-26) »

防災の架け橋マラソン(14-2-25)

火災予防及び発災型防災訓練について広く知らせ、実施促進を目指す「防災の架け橋マラソン」が行なわれた。目黒消防署が独自に企画したもので、中目黒の目黒区役所を午前9時にスタートし、駒場に北上して折り返し、東山、五本木、祐天寺から目黒通りに面した目黒消防署まで目黒消防署員と防災団員が走り抜ける。途中24のチェックポイントがあり、コース全体では11.2キロになるが、2チームに分かれるので、1チーム6~7人で一緒に5~6キロの距離を走ることになる。
何しろ初めての試みなので、駒場のチェックポイントへの到着もかなり遅れたが、記念写真も撮って無事次の通過地への出発を見送ることができた。
消防署員の方には、改めて道路状態を確認する機会にもなるだろうし、地域社会には防災訓練のあることを知るきっかけになる。東京マラソンの後の行事として、定着してほしいものである。
ちなみに、明日26日は碑文谷、八雲、大岡山を回る同様のマラソンが行なわれる。

駒場町会長とマラソン走者の皆さん
140225_1

駒場町会防災関係者との記念写真
140225_2

次のチェックポイントへ
140225_3

|
|

« 3月9日の防災訓練(2014-2-20) | トップページ | 地域の国際化(14-2-26) »

地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月9日の防災訓練(2014-2-20) | トップページ | 地域の国際化(14-2-26) »