« 地域を知るということ(13-10-6) | トップページ | 第2回渋谷WESTおしゃべりサロン(13-10-12) »

神泉はお酒の街(13-10-8)

文化村通りから神泉駅に向かう角に「ル・ブション・オガサワラ」が7日にオープンした。カウンターとオープンキッチンのカジュアルなフレンチである。神泉仲通のマルエツプチの隣には「アリーナ・ヴィーノ・トラットリア」が10月15日にオープンとある。イタリア料理とワインのお店で、これもカウンター主体。山手通りを越えた松見坂では、9月にオープンしたフレンチビストロ「エギャリテ」に続いて、深夜まで営業する「コルジャ」が旧山手通りに面した青葉台2丁目から移転してきて10月9日に正式オープンとしている。

ワインでカジュアルに食事をする店が次々に出現していることは注目されてよい。更に11月28日には「遠藤利三郎商店」という日本的な名のワインバーが、9月に竣工したワインアパートメントの1階に誕生する。「遠藤利三郎商店」は繁華街から離れた押上にある品揃えが特に豊富なワインバー。神泉にも進出するということで、注目されることは間違いない。地下に入居者用のワインセラーを持つワインアパートメント竣工のニュースは日本のメディアより海外のメディアで関心が高いようでもある。

1年前に神泉駅構内にオープンしたバル「TANA」や神泉仲通の「カフェブリュ」はそれらの店のさきがけともいえ、ビールよりもワインで食事をするという雰囲気になってきている流れがあるのではないか。「とりあえずビール!」から、「とりあえず発泡ワイン!」というふうに。

いずれの店も最寄駅は井の頭線の神泉。神の泉はお酒だということにして、神泉は酒の街だと宣伝するのもよさそうだ。日本酒、焼酎、ビールなどさまざまな種類の酒の街であってもよいし、それぞれの酒にこだわりのある店が少なくない。とりわけワインアパートメントを中心に、東京一のワインの街として注目されるだけのことはあるのではないか。もちろん堅苦しさのないワインの街ということで。

ル・ブション・オガサワラ
131007_1

アリーナ・ヴィーノ・トラットリア
131007_2

ワインアパートメント
131007_3

コルジャ
131007_4


|
|

« 地域を知るということ(13-10-6) | トップページ | 第2回渋谷WESTおしゃべりサロン(13-10-12) »

お店の紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地域を知るということ(13-10-6) | トップページ | 第2回渋谷WESTおしゃべりサロン(13-10-12) »