« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

ワイン消費の動向(13-08-29)

駒場東大前商店街のスーパーの売り場では、ワインは750mlのボトルで480円というのが主であった。500mlの缶ビールと較べると経済的ともいえるかもしれない。ビールなど、他の酒類と比較しても売場が広めなのは種類が多いせいなのか。
ところが日本での人口一人当たりのワイン消費量は2010年で2.09リットル。ビールの22・00リットル、発泡酒の7.55リットルはもちろんのこと、清酒の4.69リットル、焼酎の7.34リットルと比べても、その消費量は少ない。
これがフランスだと、人口一人当たりのワイン消費量は52.1リットル、イタリアで45.0リットル、アメリカでも9.2リットルという数字がある。
この10年での消費量の変化をみると、2010年と2000年の比較で、焼酎が126%と伸びているのに対し、清酒60.3%、ビール53.3%、発泡酒60.2%、ウイスキー76.3%減っている中、ワインは98.6%と、ほぼ横ばいである。2012年の数字はないが、売場や飲食店の印象で見る限りワインについては増加の傾向にあると思われる。
1990年と2010年の20年の対比では、清酒42.9%、ビール42.8%、ウイスキー45.1%に対し、焼酎175.6%、ワイン222%となり、ワイン消費量の大きな増加が見える。
ワインの課題は親しみやすさにあるのではないか。何を飲んだらよいのかなかなか分からないということだ。ビールは4大メーカーが大々的に宣伝をしている。清酒も焼酎もよく知られたブランドが少なくない。愛飲する銘柄をもつ人も多い。ところがワインだとフランスかイタリアかスペインかという国別の分け方が普通。ボルドーはともかく、ブルゴーニュとかトスカーナとかの産地名まではなかなか知らない。ボジョレ・ヌーボーというブランドは話題にはなるが季節は限られる。
そんなワインのことがわかる場として、渋谷神泉が注目されるようになってもよい。今年の10月、神泉にオープンするワインセラー付き賃貸マンション「ワインアパートメント」がそんな場になるのだろうか。

| | コメント (0)
|

リラの並木道(13-08-26)

リラの英語名はライラック。そのなんとなくロマンティックな木の名前は知っていたものの、どんな木なのか気にしたことはなかった。「リラの花咲く頃」という歌が昔あったことの記憶はあっても、その花について調べたこともない。
ところが、松見坂にある木にライラックの表示を見つけ、ライラック=リラの並木道であることを知ったのである。そのリラの花、この10年来並木は見ていても花が咲いているのを見た記憶がない。咲けば気がつかないはずはないだろうから、東京の気候では難しいということか。
それにしても松見坂という名前は松の木をイメージするから、リラの並木道にはふさわしくないのでは。ライラック通りといえばおしゃれではある。昼間は営業している店がほとんどなく、夜になると明け方近くまで活気づくこの不思議な通りにふさわしいかもしれない。しかし、花の咲かないリラ並木というのでは、かえってイメージダウンになってしまうだろうか。

130826_2


130826_1


| | コメント (0)
|

イタリアワインの専門店が神泉に(13-08-22)

今月の14日に、イタリアワインの専門店が神泉仲通のマルエツの前にオープンした。店の名前はもちろんイタリア語。「vietaro ai minori di 20 anni」、略して「x.m.20」というのだが、その意味は「20歳未満はお断り」。
イタリアワインに詳しい店長が対面販売するという店で、ネットショップにはない楽しさが売りというところ。フランス、スペイン、ポルトガル、ドイツ、チリ、カリフォルニア、オーストラリアといった輸入ワインを扱う売場ではなく、イタリアワインだけというのがうれしい人もいるだろう。
とはいえ、駐車場のある施設の一角というロケーションではなく、日曜日は人通りの少ない歩道のない一方通行の通りに面した店。近所の高層の集合住宅に住む人が部屋で飲むということが想定されるのか。イタリアワインにこだわる人がどれだけいるかというより、イタリア語の音声の流れるこの店の独特の雰囲気に人が惹かれるようになるということなのだろう。
9月にはこの通りに地下にワインカーヴをもち、管理人がソムリエというワイン愛好家のための賃貸マンション「ワインアパートメント」がオープンする。その1階には「遠藤利三郎商店」というビストロも入る。神泉駅下にある「バルTANA」から旧山手通りに面した「ワインアパートメント」までの通りが、ワインのまち神泉、として注目されるようになるだろう。
https://www.facebook.com/#!/l.b.v.m.20

130822_1


130822_2


| | コメント (0)
|

第1回「渋谷WESTおしゃべりサロン」のお知らせ(13-08-20)

本ブログの8月8日付けでお知らせしていた「渋谷WESTおしゃべりサロン」の第1回を9月18日(水)午後2時から4時まで、駒場住区センターを会場として開催することにした。とりあえずは、直接案内をしている駒場在住の人たちでスタートすることを想定しているのだが、この地域の情報が集まる場にしていきたいので、不特定の人たちに閲覧いただけるこのブログでもご案内する。
もっと地域のことを知ろうということを通じ、町会の枠にとらわれずに近隣の人たちと知りあえるようになることを期待し、10月から月2回のペースで開催する。事前申込は不要。会費は200円で、駒場東大前駅と駒場高校前の淡島通りを結ぶ迷路のような道を進んだところにある駒場住区センターに直接いらしていただくだけでよい。

| | コメント (0)
|

200年前の駒場(13-08-16)

200年前の江戸時代の駒場野に遊んだ思い出が、井関隆子という旗本夫人の日記に書かれている。
「此頃の事なりければ、広野の気色えもいひやらず芝生など常に御馬ぐさにかりはらへばか、高やかにも繁らず、打ちわたすに限りしられず緑をしけるに、萩薄女郎花よりはじめここらの花ども咲まじりたる、いかで七種には限らむ。摘手にあまり、折る手もたゆきまで多かれば、わらは心地におき所なきまでうれしうおもしろかりき。男共は虫とらへむとて、尾花おしわけあさるに、ここらの虫どもふためきとびはしる中に、松虫すず虫も打ちまじるめり」と。(渡辺京二著「逝きし世の面影」から引用)

駒場野は良く知られるように、徳川将軍の鷹狩のための場所であった。それでも、旗本の家柄で子供のころ四谷に住んでいた日記の筆者が、管理者とのつながりがあったとはいえ、子供が遊びにいくことができた。四谷から駒場まで、ほどよいハイキングコースだったろう。どれだけの子供たちが遊べたのかは知るよしもないが、子供も労働に狩り出されていた時代だから、馬草刈に近隣の子供たちが動員されたと想像することもできる。

明治以前はともすると文明開化前の別世界のように扱われがちであるが、明治維新で日本人の生活が突然変わったわけではない。駒場野の鷹狩場が駒場農学校に変わっても、周囲の住民にとっては徳川時代からの連続した生活の舞台であったに違いない。

| | コメント (0)
|

渋谷WESTの過去10年(13-08-14)

この10年を振り返り、渋谷から神泉・駒場東大前の駅周辺に新たに造られたものをみると、大規模なものの多いことに驚きを禁じえない。それ以前の時代と較べても、この地域に大きな変貌をもたらす期間であったのではないだろうか。
国道246号線に沿った、渋谷ガーデンタワー、住友不動産青葉台タワー、クロスエアータワー、プリズムタワーといった、これまでなかった超高層ビルはすべてこの5年の間に集中して完成している。今年の春に完成した目黒天空庭園を屋上にもつ巨大な大橋ジャンクションの建造物は街の景観を大きく変えた。
東大駒場キャンパスは、駒場寮が壊わされてコミュニケーションプラザになったこの10年で、それまでのキャンパスのイメージを変えたといってもよいだろう。また、駒場東大前商店街は10年前と変わらずに営業している店の方が少ないほどである。東大裏も中央環状新宿線の出入口ができ、山手通りが拡幅されていて、すっかり変わってしまったといえるだろう。
淡島通りの駒場エミナースがなくなり、駒場高校の隣のセブンイレブンは建替中となっている。淡島通りが旧山手通りにぶつかるところにあるトヨタの販売店の建物もこの10年の間にできたものである。
神泉駅に近い飲食店で10年前から営業している店は、新たに開店した店ほど目立たないといってよい。ただ、街並みの景観という意味では、神泉駅周辺は10年前とほとんど変わっていないようだ。
文化村通りには2006年1月に開業し翌2007年6月に爆発事故で閉鎖された松涛温泉の建物がそのまま残っている。整備された並木道となったのは今年の春。この10年の変化はこれからの街づくりの外観をつくったといってよく、これからその中身が整っていくことになるのではないか。そんな期待をもつのである。

文化村通りの眺めがこの街を象徴する
130813_1


| | コメント (0)
|

「渋谷WESTおしゃべりサロン」の開催(13-08-08)

地域情報サイト「渋谷WEST」が、地域で生活する人たちのニーズをより反映できるようにするため、交流の場を作ることにした。開催のたびにテーマを変えておしゃべりをするサロンという形で9月中旬にスタートする。
具体的にはおしゃべりのきっかけとなる講師にお話をお願いし、それを題材に意見交換をするというものである。

会場は駒場東大前駅に近い駒場住区センター。駒場は行政区域としては目黒区ではあるが、世田谷区(池尻・代沢)、渋谷区(上原・富ヶ谷・松涛・神泉)とも接するので、目黒区に限らない地域住民との交流の場ともなっていくことを期待する。

開催は概ね月2回をめどとし、その要点についてはブログで遂次紹介するようにし、幅広い関心が得られるようにしていく。

とりあえずのテーマとして、「目黒・駒場について学ぶ」「マスコミの舞台裏」「ソーシャルメディアの現状と課題」といったことを掲げることで、地域に根ざした情報入手と課題への取り組みといった方向性を示していきたい。

だれでも参加自由で、会費は会場利用料として200円を徴収するだけ、というスタイルにする。想定する参加者は、当面時間的に余裕のある60歳以上のシニア層ということになろうが、将来的には、幅広い年代層の参加を期待したい。

| | コメント (2)
|

宇宙を旅する音楽展(13-08-02)

松涛郵便局の隣にあるビルの5階でユニークな展覧会を今日から8月18日までの期間開催している。先日紹介した「アツコバルーarts drinks talk」がその会場である。
過去10万年かけて大陸を移動してきた人類が100年前に最後のフロンティアであった南極大陸にたどりつき、次の10万年は宇宙を移動することになるという壮大なコンセプトでの空間が演出されている。テントがあって映像と音楽が流れる空間は、日常生活から飛び出させてくれるかもしれない。

このスペースは靴をぬいでくつろげる喫茶室でもある。松涛美術館もかつてはコーヒーを飲みながら作品を鑑賞することができたが、改装工事が終わって喫茶が復活するのかどうかはわからない。いずれにしても、この文化村エリアにはオープンテラスのカフェもあり、その文化的な雰囲気が人気を集めるようになってもおかしくない。

松涛郵便局の隣が建物の入口
130802_1jpg

エレベーターを出ると会場の入口
130802_2

スクリーンに映される映像
130802_3

展示物の一部
130802_4


| | コメント (0)
|

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »