« サッカーと渋谷(13-6-5) | トップページ | 駒場防災会議の開催(13-6-10) »

山手通りの工事(13-6-6)

山手通りの地下を走る中央環状線の工事が10年以上続いている。工事をしていないときの景色の記憶も薄れているのではないか。富ヶ谷出入口のある東大裏あたりまでは歩道の整備も含め、今年の初めにようやく落着いたのだが、そこから先、中目黒方面の道路がいつ整備されるのかが分からない。中央環状品川線の開通時期は当初2014年3月だったのが、2015年3月に延期された。出水のためなのだが、場所は目黒区と品川区の境界あたりと東海道線の海側である。目黒区内の品川線の工事は予定通りと考えたい。
山手通りの整備が終わっているのは富ヶ谷方向からだと渋目陸橋まで。渋目陸橋の下の側道はパーキングスペースとなっている部分を歩道にするような整備をするのかどうかも分からない。しかし、いつになるかはともかく、淡島通りとの松見坂交差点から大坂橋の下までは、現在2車線分を品川線の工事で使っているから、その分の歩道の拡幅が期待できる。歩行者は少ないけれど、自転車の通行は多いので、自転車レーンにしてもよいのかもしれない。

渋目陸橋入り口
130604_1

松見坂交差点と大坂橋方面を見る
130604_2

大坂橋に近いところから松見坂方向を見る
130604_3


|
|

« サッカーと渋谷(13-6-5) | トップページ | 駒場防災会議の開催(13-6-10) »

青葉台・大橋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サッカーと渋谷(13-6-5) | トップページ | 駒場防災会議の開催(13-6-10) »