« 代官山蚤の市(13-5-29) | トップページ | 駒場バラ園の今(13-6-3) »

東大駒場研究公開(13-5-31)

駒場リサーチキャンパスで毎年この時期に開催されているキャンパス公開が、今年は5月31日と6月1日となった。東京大学とはいえ、先端科学研究センターと生産技術研究所という、それぞれがほとんど独立している2つの研究機関で、同時にその研究内容を一般公開する貴重なイベントである。
公開される研究室の数は200近く。その全貌を紹介することが難しいからなのだろうか、大きく報道されることもないようだ。縁あって説明を聞かせてもらった先端研の森川研究室だけでも「地震モニタリング」「ホワイトスペースデータベース」「電波の見える化」「ソーシャルメディアにおける感情解析」などの研究内容が紹介されている。とてもすべてを消化できるものではあるまい。しかし、たとえ理解できなくとも、科学技術の最先端がどんなことかを一応眺めることはできるのではないか。
「未来の科学者のために」というプログラムもあって、小学生から高校生までを対象とする企画も用意されている。貸切バスで見学に来る学校もあるけれどその数は6台ほどだから多いとはいえないかもしれない。
無料で1日過ごせるといって楽しむには、難しすぎるかもしれないし、同時期に開催されているNHK放送技術研究所のような派手さもない。それでもその規模の大きさ、内容の豊富さから、もっと幅広く注目されてよいのではないだろうか。

130531_1


130531_2


130531_3


|
|

« 代官山蚤の市(13-5-29) | トップページ | 駒場バラ園の今(13-6-3) »

駒場キャンパス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 代官山蚤の市(13-5-29) | トップページ | 駒場バラ園の今(13-6-3) »