« 東大ハチ公物語(13-3-7) | トップページ | 桜の季節に多くのイベント(13-03-16) »

東横線の直通運転まであと3日(13-3-13)

いよいよ16日に東横線が副都心線に乗り入れる。渋谷駅周辺に歓迎ムードはない。地下深いホームから地上まで上がるにはかなりの時間を要する。さらに地上3階上にある地下鉄銀座線に東横線から乗り換える客がどれだけいるだろう。ただ、井の頭線から銀座線への利用者にとってはありがたいこととなる。

渋谷駅の再開発は東横線地上駅の閉鎖から始まるといってよいのだろう。駅が壊され、東急東横店の建物が順次壊される。これほどの規模の再開発は例がないとまではいえないのか。そんな大工事を観光資源にすることは考えられないものか。

いずれにしろ、横浜中華街と川越を結ぶ路線の誕生は、鉄道の歴史という意味では画期的なことのはずだ。ターミナルの街として栄えた渋谷は終わり、新しいまちづくりを始めなくてはならないのだろう。そのために多くの議論がされてはいるものの、成果が見えてこない。人の流れが変わってから、新しい何かが見えてくるような気もする。


まだ利用者のない代官山方向の改札口
130313_1

東横線からヒカリエへの距離は縮まる
130313_2

相互乗り入れ活用プラン
130313_3


|
|

« 東大ハチ公物語(13-3-7) | トップページ | 桜の季節に多くのイベント(13-03-16) »

渋谷駅周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東大ハチ公物語(13-3-7) | トップページ | 桜の季節に多くのイベント(13-03-16) »