« 渋谷駅中心地区の将来像(12-12-11) | トップページ | 目黒区地域防災計画(12-12-19) »

駒場東大前商店街の喫茶店イーグル閉店(12-12-12)

東大の学生が駒下と呼んでいる駒場東大前商店街は、盆踊りなどで東大の学生とのつながりをもっている。しかし、駒場寮が10年ほど前になくなってから、賑わいが失われて久しい。この20年で商店の数が減る一方だ。この2~3年でも八百屋、靴屋が閉店し、今年になって洋品店も店を閉じた。そして地域や学生の会合場所ともなっていた喫茶店『イーグル』が今月15日で閉店することになった。
イーグルは電子ゲームの先駆けともいえるインベーダーゲームが使える店として昭和50年代に開店して以来営業を続けて来た。ゲームは携帯でするようになり、学生の来店も減ってきたことからか、閉店のやむなきになったようだ。跡にはカレーの店が入るそうだが、この店に思い出のある人には残念なことだろう。1980年代以降の東大の卒業生なら、この店を懐かしく思う人は少なくないはずだ。

121212


|
|

« 渋谷駅中心地区の将来像(12-12-11) | トップページ | 目黒区地域防災計画(12-12-19) »

駒場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渋谷駅中心地区の将来像(12-12-11) | トップページ | 目黒区地域防災計画(12-12-19) »