« さまざまな飲食店 (12-9-5) | トップページ | 中華料理のビストロ (12-9-11) »

東横線が地下にもぐる日(12-9-7)

来年の3月16日から東横線が代官山駅から地下をもぐり、東京メトロ副都心線と相互直通運転をすることになる。そのホームは半年前の今、既に姿を現していて、年明けには試運転が始まるのだろうか。

現在ある東横線の駅は閉鎖され、その跡を埼京線のホームとするよう工事が始まるのだが、東横線が事実上渋谷から姿を消すことになるといってもよい。地上から電車も駅も見えなくなるのだから。

東横線からJRや地下鉄に乗り換えていた乗客が渋谷駅をどう利用するようになるか。新しい地下ホームから地上に出るのはかなり大変だ。代官山や自由が丘、あるいは横浜に行くのに渋谷駅で乗り換えていた人たちは、渋谷の地下を通り過ぎるということになる。渋谷駅の混雑は緩和されるはずだ。

混雑だけが緩和されるとすれば、歓迎されることなのだろうが、東横線から渋谷に出ていた人たちが新宿に流れることも想定できる。副都心線渋谷駅から急行なら新宿3丁目まで一駅。時間にしてわずか5分で、新宿3丁目駅は地下道で高島屋と伊勢丹、それにビックカメラや丸井にもつながっている。そのまま地下道を通って都庁まで歩けてしまう。

今でもその傾向があるようだが、渋谷に来る人は、一層渋谷が好きな人に限られるようになるのではないか。だから、観光客の集まる街を目指す必要があるわけで、渋谷区観光協会でも英語、ハングル、中国語の観光ガイドを用意している。しかし、それがどの程度ニーズに合っているのかはこれからの課題だろう。

東横線が入るための工事ができている副都心線渋谷駅ホーム
120907_1

新宿三丁目駅の表示
120907_2

新宿三丁目駅から地上に出た明治通りと甲州街道の交差点が高島屋と伊勢丹の中間地点
120907_3


|
|

« さまざまな飲食店 (12-9-5) | トップページ | 中華料理のビストロ (12-9-11) »

渋谷駅周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さまざまな飲食店 (12-9-5) | トップページ | 中華料理のビストロ (12-9-11) »