« 中華料理のビストロ (12-9-11) | トップページ | 渋谷の祭り(12-9-14) »

結婚式が似合う道 (12-9-13)

旧山手通りのマレーシア大使館の反対側で工事中だった建物が、結婚式場として今月オープンした。明治・大正時代の雰囲気を漂わせる洋館で『代官山鳳鳴館』と名付けられている。
この旧山手通りには結婚式場が多い。渋谷カトリック教会と東京バプティスト教会でも結婚式がありそうだし、専門の結婚式場として『アーカンジェル代官山』が通りの景観をつくる。蔦屋書店の前にある『リストランテASO』や、西郷橋横の『マダムトキ』でも披露宴が行なわれる。街全体がウェディングドレスの映える場所といってもよいのだろう。

旧山手通り沿いに国道246号線を越えて松涛に行くと、『シェ松尾松濤レストラン』がある。これは大正13年に英国人建築家によって建てられ、住宅として使われていたという本物の大正時代の建物だ。レストランウェディングにも使われている。

更に東大裏から東大のキャンパス沿いに進んだところには、駒場公園の旧前田侯爵邸があるのだが、意外に知られていない。結婚式場として使うことはできないが、ウェディングドレスを着て写真撮影をするのであれば、写真撮影の許可を取ればよいはずだ。ここなら無料で建物の中に入ることができる。
東京ならではの散歩コースだと思うのだが、渋谷区と目黒区にまたがるため、観光コース認定が難しいとすれば残念だ。

マレーシア大使館前の代官山鳳鳴館
120913

駒場公園旧前田侯爵邸
120913_3


|
|

« 中華料理のビストロ (12-9-11) | トップページ | 渋谷の祭り(12-9-14) »

旧山手通り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中華料理のビストロ (12-9-11) | トップページ | 渋谷の祭り(12-9-14) »