« 1972年の渋谷(12-8-3) | トップページ | 松見坂でサルサ(12-8-11) »

東京都・目黒区合同総合防災訓練(12-8-8)

毎年9月1日は全国各地で防災訓練が行なわれ、今年の東京都の防災訓練は目黒区と合同で実施される。会場は、西小山駅周辺、都立駒沢オリンピック公園、目黒駅周辺、都立林試の森公園などで、駒場周辺の住民は、目黒区が用意する送迎バスを利用しての駒沢公園での参加となる。各町会でとりまとめた募集の申し込みは先月中に締め切られた。参加者の人数を目黒区で調整する必要があるためだ。朝9時から12時までという訓練スケジュールで、直接会場に行く分には問題はない。

駒沢公園はその面積のほとんどが世田谷区。しかし世田谷区のホームページにはその防災訓練の案内が見つからない。世田谷区がその運営に関与しないからだろうが、周辺の世田谷区民は他人事ということになるのか。目黒区民でもそれほど知っているわけではなさそうなので、変わりはないのかもしれないけれど。

平時は住民が行政区分で分断されていても問題は少ないが、大規模災害が行政区分などとは全く関係なく発生することはいうまでもない。非常時のための地域住民ネットワークが求められる。学校などの公的施設の地域社会との関わりが希薄であることも問題だし、その事実に無関心なのも東京の住民なのだ。しかし、地域社会がインターネットでつながればそうした課題もクリアできる。ツイッターやフェイスブックに加え、資料を蓄積できるサイトがあればよい。『渋谷WEST』はそのようなニーズに答えるインフラとなるサイトなのだが。

H24kunren_poster_1

|
|

« 1972年の渋谷(12-8-3) | トップページ | 松見坂でサルサ(12-8-11) »

地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1972年の渋谷(12-8-3) | トップページ | 松見坂でサルサ(12-8-11) »