« 神泉仲通りのカフェ・レストラン(12-7-4) | トップページ | 松見坂の道路工事(12-7-9) »

代官山蔦屋書店の夏(12-7-5)

代官山蔦屋書店に久しぶりに行ってきた。木々の緑が憩いの空間を演出していたものの、2年前、ここにひまわりガーデンのあったことは夢のようでもある。木曜日の午後というのに客は多いようで、飲食スペースは満席に近かった。カフェ・レストランのアイビー・プレイスの入り口には空席待ち人が10名近くいたほどだ。一方で、2階のCDとDVDのレンタルのスペースは他ではできない余裕の場ともいえようか。

そんなニーズを反映してか、書店2号館のガーデン側を一部飲食スペースにするよう準備をしていた。わざわざここまで来て、本やCDを見るだけで帰るというわけにはいくまい。特に目立ったのは女性の2人連れ。おしゃべりを楽しむ場として人気が出ているはず。宣伝はしないという方針なのだそうだが、開店の頃には活発だったツイッターでのメッセージも気がつかないほどになっている。

東横線が副都心線とつながる来年の3月からは西武池袋線や東上線の沿線からも気軽に来られるようになるのかも知れない。代官山蔦屋書店は毎年変身していくことになりそうでもある。その玄関となる旧山手通りはこれから一層注目を浴びることにもなるのだろう。表参道とも違うどこにもない場所になってほしい。

20120705_154344


|
|

« 神泉仲通りのカフェ・レストラン(12-7-4) | トップページ | 松見坂の道路工事(12-7-9) »

お店の紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神泉仲通りのカフェ・レストラン(12-7-4) | トップページ | 松見坂の道路工事(12-7-9) »