« 静かな学園(12-7-21) | トップページ | 自衛隊演習拒否の新聞記事への対応(12-7-24) »

音楽の街(12-7-23)

渋谷は音楽の街という。7月18日に『東急シアターオーブ』がオープンしたけれど、それで何かが変わったようでもない。一口に音楽といってもそのジャンルはさまざま。人によって、また世代によって趣向が違い、音楽全般に関心がある人はそれほど多くはあるまい。クラシックでもジャズでもロックでも歌謡曲でもすべて聴きたいという人はあまりいないのではないか。

かつて渋谷にはジャズ喫茶が多かったというが、現在はロック系統のライブハウスが目立つ。オーチャードホール、渋谷公会堂、NHKホールも音楽の殿堂だ。それでも、音楽を楽しむ場所は渋谷という街ではなく、その中の特定の演奏会場ということなのかも知れない。

今、日本でどんなジャンルの音楽に人気があるのかはわからない。テレビで人気のある音楽が全体を代表しているとは思えない。一方で、音楽を音だけで楽しむ時代から、演奏会場やDVDで視覚も含めて鑑賞する時代になっているようでもある。聴く音楽から見る音楽になるとはいえないか。更に、音楽を楽しむ場所は演奏会場だけではなく、その周辺にも雰囲気があるべきではないかとも思う。ニューヨーク、パリ、ウィーンなどの音楽と関係の深いエリアにはそんな雰囲気がありそうだ。

東京近辺で大観衆を集めるのは、さいたまスーパーアリーナ、横浜アリーナ、そして都心では日本武道館。いわゆるコンサートホールではない。聴衆は立ったまま体をゆすったり、ペンライトや旗を振ることになる。サッカー場もコンサート会場だ。人気あるアーティストはコンサートホールでは席の数が足りないし、そもそも立って聴くには椅子がじゃまになる。

そんな中での音楽の街渋谷。必ずしもメジャーではないアーティストと常時接することのできる場ではある。演奏会場だけではなく、街全体がそんな雰囲気をかもし出せるかどうか。とはいえ、東京で、いや、日本でといってよいだろう、渋谷の他に音楽の街といえそうな街は思い浮かばない。

|
|

« 静かな学園(12-7-21) | トップページ | 自衛隊演習拒否の新聞記事への対応(12-7-24) »

渋谷全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 静かな学園(12-7-21) | トップページ | 自衛隊演習拒否の新聞記事への対応(12-7-24) »