« 喫煙の自由な街(12-6-12) | トップページ | 商店街のバラ(12-6-19) »

ファラフェルの店が営業再開(12-6-16)

山手通りの渋目陸橋の側道に面した場所にあるファラフェルの店が、この数ヶ月閉店していて、昨日その営業再開を確認することができた。早速今日昼食に出かけたところ、7席しかないカウンター席に5人もの先客がいるという状態。常連客で心配していた向きもあるかも知れないので、ここに紹介しておこう。

中東のベジタリアン料理ファラフェルは、サンドイッチの一種かも知れないが、知る人はほとんどいない。検索すればファラフェルを提供する店は東京に何軒かあるのだが、なじみのない食べ物であることは確かだ。この店「Kuumba du Falafel」は、近所でもその名前を知る人もなく、前を通っても何の店か分からないというユニークなもの。看板はないし、何故か英語表記にこだわっているようでもある。外国人客の比率は高いとはいえ1割程度なのだろうが、日本人でも英語に抵抗のない客がほとんどなのかも知れない。

ともかく他の店にあるメニューは何もないし、聞かないと何があるのかわからないから、ファラフェルを知っていて食べに来る人だけなのだろう。今日も若いカップルが来て店の人にファラフェルの説明を受け食べているものを見ていたのだが、そのまま帰ってしまった。

ファースト・フードのチェーン店とは全く違う、簡素で個性的な店で、野菜だけの食事をして、気が向けばワインを飲んでドライフルーツをつまむというのもよさそうだ。

http://web.me.com/kuumbainternational1/KUUMBA/MENUS.html
20120616


|
|

« 喫煙の自由な街(12-6-12) | トップページ | 商店街のバラ(12-6-19) »

お店の紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 喫煙の自由な街(12-6-12) | トップページ | 商店街のバラ(12-6-19) »