« 続・お爺さんための渋谷ガイド(12-5-6) | トップページ | 東京ゲートブリッジ(12-5-13) »

『渋谷100%』(12-5-9)

渋谷区観光協会が発足し、5月8日からマークシティにある「クリエーションスクエア渋谷」に観光案内所が開設された。そこには、渋谷区観光ガイドマップ『渋谷100%』『恵比寿代官山100%』『原宿100%』が、日本語、中国語、韓国語、英語の4カ国語それぞれのバージョンとして置かれている。渋谷区役所区民部商工観光課商工観光係が発行元だ。
日本中どこにでもある無料の観光マップが、ようやく渋谷にもできたともいえよう。渋谷についての基礎知識がそこに網羅されていることに意義があり、雑誌の特集と比べても渋谷区が持っているデータを十分に活用しながらコンパクトに構成されているから便利だ。取捨選択がしっかりされている中で、改めて渋谷には観光資源が豊富にあることが理解できる。
渋谷駅周辺を「公園通り」「渋谷センター街」「文化村・松涛」「道玄坂」「渋谷イースト」「渋谷サウス」の6エリアごとに紹介しているのも分かりやすい。渋谷はこの6つのエリアからなると理解した方が頭に入りやすいかも知れないが、昨年電子書籍で刊行した『渋谷360度』では、「道玄坂」を更に細かく「渋谷駅」「道玄坂・文化村通り」「百軒店・円山町」「中央街」に分けた。「道玄坂」の多様さがより浮かびあがっているはずだ。
『渋谷100%』には、雑誌が得意とする飲食店の紹介はなく、唯一あるのは『名曲喫茶ライオン』となっている。しかしそれは、飲食店としての紹介ではなく、渋谷の歴史のシンボルとしての場所との位置づけと見るべきだ。
残念ながら今のところWEB版はないので、マークシティまで行くことがなければ、当面は電子書籍『渋谷360度』で代替していただく手もある。
ちなみに「渋谷WEST」は、「道玄坂」の半分と「文化村・松涛」に加えてその外側の目黒区側も含むエリアとしている。地域はいろいろな切り口で見た方がおもしろい。

120509_2

|
|

« 続・お爺さんための渋谷ガイド(12-5-6) | トップページ | 東京ゲートブリッジ(12-5-13) »

渋谷全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続・お爺さんための渋谷ガイド(12-5-6) | トップページ | 東京ゲートブリッジ(12-5-13) »