« 松見坂の商店会(12-5-19) | トップページ | 駅の景観(12-5-26) »

神泉仲通という場所(12-5-23)

神泉駅と道玄坂の間にある神泉仲通は昔からの商店街。神泉町と円山町をにまたがり、神泉円山親栄会というひとつの町会を形成している。10年以上の空き地や、ほとんど空室の古いビルがあったり、通りを入って奥に行くと幅が広くなる階段の先が道玄坂に面したビルの裏側になるとか、それぞれの場所で不思議な思いを抱かせるのだ。カーブと坂のある通りには小さなビルが不規則に並び、唯一のチェーン店であるマルエツプチが、このあたりでの日常の買い物ができる品揃えをしている他は、飲食店を中心とする個人の店が路面店としてある。

過去10年間の観察の中で、店の入れ替わりは少なくない。この2年の間に2軒の喫茶店が消えて、スペイン料理店や韓国料理店になった。そのほかにも最近開店したばかりの店が何軒かある。閉店した店も少なくないが、全体としてはこのエリアでの飲食店の数は増えている。渋谷駅近辺の大型店よりは、ここの小さな店の方が落ち着けるはずだから、なじみの店ができたらこちらに流れてきておかしくあるまい。

そして6月1日には神泉町交差点に渋谷ガーデンタワーがオープンする。飲食店の入居がないから、その周辺の店の利用者が増えるはずなのだ。スカイツリーに東京ソラマチができても周囲の店への来店が期待されているほどだ。渋谷ガーデンタワーで神泉仲通への関心が高まると見るのだが、どうだろう。

静かな神泉仲通の午後
20120521_162125


|
|

« 松見坂の商店会(12-5-19) | トップページ | 駅の景観(12-5-26) »

松涛・神山町・神泉町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松見坂の商店会(12-5-19) | トップページ | 駅の景観(12-5-26) »