« 文化の揺りかご(12-4-14) | トップページ | これから1年の渋谷(12-4-17) »

目黒区長選挙(12-4-15)

来週の日曜日、4月22日は目黒区長選挙。明日16日から期日前投票ができるから実質1週間の選挙期間となる。本日ポスターも掲示されたが、青木英二現区長と後藤輝樹氏(無所属)、前目黒区議会議員つちや克彦氏(無所属)、松尾信彦氏(無所属 日本共産党推薦)の4氏の争いだ。
区長選挙への関心が低い中、支持政党の背景からも従来であれば現職有利の無風選挙といえるのだろうが、インターネットで関心が高まり、従来の投票率30%の水準を大幅に上回るようなことがあれば、意外な結果をもたらすことも否定はできない。読売新聞では目黒区長選ということで3日にわたって課題を紹介する記事を連載してきたが、それによる影響も定かではない。

そんな中で、「目黒図書館友の会」が公開質問状を説明会出席者名簿に載っていた3名の候補者に送りそれぞれの候補者から回答を得ている。つしや氏の名前はその時点ではなかったそうだ。図書館についての限定的な質問事項ではあるが、それだけに人柄が見えてくるようではある。

2012-03-29 目黒区長選挙立候補予定者への公開質問状
2012-04-01 目黒区長選・後藤輝樹氏の回答
2012-04-05 目黒区長選・青木英二氏の回答
2012-04-06 目黒区長選・松尾信彦氏の回答

また、「東京青年会議所目黒区委員会」が、4月6日に中目黒駅前で開催した公開討論会の模様がYouTubeで公開されている。上記の候補者に名前のないつちや克彦氏と、松尾信彦氏との討論で、青木英二氏は複数の公務のため欠席との紹介が主催者からされている。後藤輝樹氏についての言及はない。

いずれにしても、これからの選挙のあり方を示唆する意義深いものではないだろうか。

以下はそのYouTube映像の一部である。(YouTube画面で見ると関連映像が一覧できます。)



|
|

« 文化の揺りかご(12-4-14) | トップページ | これから1年の渋谷(12-4-17) »

地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文化の揺りかご(12-4-14) | トップページ | これから1年の渋谷(12-4-17) »