« 渋谷がオトナに嫌われる7つの理由(12-1-3) | トップページ | この国はもっとおもしろくなる(12-1-5) »

喫茶店パブリック松涛の正月特別メニュー(12-1-4)

松涛坂と呼びたい栄通りの山手通りに近い所にある、午後3時から営業の喫茶店「パブリック松涛」のドリンクメニューは、珈琲(400円)、エスプレッソ、豆乳ラテ、紅茶、スムージー。料理メニューとしてはパスタ1200円があるのみだ。夜はグラスワインが800円と食べログに出ている。食べログの点数は3.78で、それからすると評価の高い店なのだそうだが、その割には注目度がそれほどでないため、家庭的な雰囲気で固定客には人気がある。
そんな店だからできる正月特別メニューは通常は置いていない日本酒。おなじみの「越の寒梅」、八海山しぼりたて原酒の「越後で候」、にごり酒「五郎八」というラインナップだ。売り切れ御免だから早いもの勝ち。日本酒なら品揃えの多い店が近所に何軒もあるから、何も喫茶店で飲む必要はない、というのが正論ではあろう。
しかし、日頃ワインを飲んでいる常連客も、限りある日本酒を飲んで正月気分を味わうことになりそうだ。何日で売り切れるのかが注目だが、まず7日にはなくなっているにちがいない。

120104


|
|

« 渋谷がオトナに嫌われる7つの理由(12-1-3) | トップページ | この国はもっとおもしろくなる(12-1-5) »

お店の紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渋谷がオトナに嫌われる7つの理由(12-1-3) | トップページ | この国はもっとおもしろくなる(12-1-5) »