« 中華料理店の将来(12-1-25) | トップページ | 渋谷ヒカリエと渋谷西武(12-1-28) »

渋谷の魅力は何か(12-1-26)

その土地ごとに観光ガイドがある。テレビの番組でもその種のものが多い。そうした土地には1軒1軒の店をていねいに紹介する印刷物などもある。観光協会などが案内地図を作ったりもする。
しかし、渋谷には目立った観光ガイドはない。商店街ごとの案内ならホームページという形ではあるけれど、それも商店街により違いが大きく、更新されていないところもある。しかも観光案内というより、商店会組織の活動案内という色合いが濃い。
かつては、公園通りなど、雑誌などで詳細に紹介されることもあったのだが、最近は渋谷にある個々の店の紹介にとどまる。それだけに渋谷の街を歩いてみようという気持ちにはなりにくいのではないのか。東京の中で、渋谷が他の街と違うところとして、わざわざ訪問したい気持ちになる場所であるのかどうか。NHKが毎日街の映像を流していることが唯一の魅力のようにすら思える。
渋谷の魅力は時代の先端を行くということにあるはず。回顧的なイメージの街がある一方で先端的なイメージの街があってよい。江戸文化だから回顧的というわけではない。それを現代に生かすものであれば、先端的ともいえるだろう。もともとの江戸文化の中心地であれば、回顧的であることの方がよいのだろうが、渋谷であればその文化を新しい技術で生かすなどということになるのだろう。ドンキホーテ裏の「ポスター・ハリス・ギャラリー」で展示される作品にはそんなヒントが見える。

|
|

« 中華料理店の将来(12-1-25) | トップページ | 渋谷ヒカリエと渋谷西武(12-1-28) »

渋谷全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中華料理店の将来(12-1-25) | トップページ | 渋谷ヒカリエと渋谷西武(12-1-28) »