« 防災訓練での想定を越えて(12-1-18) | トップページ | 上野駅と渋谷駅(12-1-20) »

渋谷ヒカリエの飲食店ラインナップ(12-1-19)

4月26日にオープンする渋谷ヒカリエの6階・7階で営業する飲食店が発表された。「多彩な店舗構成であらゆるシーンに応える、渋谷最大級のレストランフロア誕生」ということではあるが、その特徴はどこにあるのだろうか。
まず6階は「質の高い専門店のフロア」。大人の食事の場にふさわしい、スマートかつスタイリッシュな雰囲気になる。13店舗あって営業時間は11時から23時。イタリアン2店、和食、中華、牛たん、回転寿司、洋食、うなぎ、とんかつ、うどんすき、琉球料理、タイ・ベトナム料理、韓国料理という内容だ。
7階は「時間を楽しむ」場を提案、様々なカフェオーナーが集まり、各々の感性で自由に作り上げた大人の遊び場をイメージ。6階同様に13店舗で営業時間も同じ。和食・甘味、スペインバル、カフェ・ビストロ・バー、ハーブレストラン・カフェ、ワイン・フレンチグリル、ハワイアン、ラーメン、アジアン・カフェ、ハンバーガー、居酒屋、鉄板焼き、パン、グリル料理といったラインナップとなる。カフェといっても料理がしっかりある店ばかり。客単価を考えざるを得ないからなのだろう。
いずれにしても、丸の内や日本橋にある高層ビル、あるいは二子玉川などの駅ビルの飲食街との違いがあるようには思えない。結局駅から外に出ないでいろいろ選べるよう、無難と思われるところに落着かざるを得ないものと理解する。
Bunkamura横の松涛郵便局交差点前にある40種類の樽生ビールが飲める「グッドビア・ファウセッツ」のような大胆な店は、ちょっと街外れでないと難しいようだ。渋谷らしさの発揮を期待するなら路面の店。それが分かるようにするのが「渋谷WEST」というサイトなのだ。

|
|

« 防災訓練での想定を越えて(12-1-18) | トップページ | 上野駅と渋谷駅(12-1-20) »

お店の紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 防災訓練での想定を越えて(12-1-18) | トップページ | 上野駅と渋谷駅(12-1-20) »