« 区議会議員選挙の公約(12-1-12) | トップページ | 道玄坂の無料案内所(12-1-14) »

日本橋と渋谷(12-1-13)

東京圏の消費のパイが一定とすれば、それを奪い合うだけのことだ。全体の消費が増えることは減ることよりも考えにくいのではないか。何もしなければその街はさびれるしかないのだろう。渋谷は4月26日オープンの「渋谷ヒカリエ」で集客をはかると同時に、原宿でも「東急プラザ表参道原宿」がそれに先立ち4月18日から営業をはじめる。
5月22日はスカイツリーの下に「東京ソラマチ」、秋には東京駅の復元が完成といった具合で、渋谷にどこまで関心を集め、維持することができるかが関係者には気がかりのはずだ。
さらに将来を見ると、日本橋高島屋周辺や三越前の再開発は、ビルの数からして渋谷や原宿とは規模や格が違うといわざるを得ない。
日本橋が大人の街で渋谷は若者の街という区分けから脱却できないのか、それとも路地の街として、文化・芸術活動の場として大人の魅力的な遊び場になるのか。街の戦略的なストーリー作りがカギになるのかもしれない。

三越の正面が現在工事中
20120113_164531_2


|
|

« 区議会議員選挙の公約(12-1-12) | トップページ | 道玄坂の無料案内所(12-1-14) »

渋谷全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 区議会議員選挙の公約(12-1-12) | トップページ | 道玄坂の無料案内所(12-1-14) »