« 大橋ジャンクションの公園利用計画(11-12-17) | トップページ | 国際戦略総合特区と渋谷駅周辺 (11-12-19) »

緑の散歩道(11-12-18)

快晴にめぐまれた日曜日、国立天文台、武蔵野の森公園、野川公園、武蔵野公園、を巡るウォーキングをしてみた。調布・三鷹・府中・小金井にまたがる緑地帯は、これら4箇所に神代植物公園、多摩霊園を加えていくつものウォーキング・コースが考えられる。
日曜日の今日、いくら天気がよくて寒さを感じない一日であったとはいえ、歳末の用事で散歩どころでないせいか、人の姿はまばらであった。神代植物園と深大寺にはもっと人出があったのかも知れないが、これらの公園には交通機関を利用して訪れる人の割合が少ないのだろう。武蔵野の森公園や武蔵野公園を知っている人は近隣の市民でも多くはなさそうだし、国立天文台が常時公開されていることも、常時一般公開されてから10年余りということから、あまり知られていないようだ。
このエリアは野川の「はけの道」、国分寺崖緑地保全地域ということになろう。サッカーファンには良く知られている味の素スタジアムが、この緑地帯の中の巨大な空間、調布飛行場の端にあるわけだが、その奥にある公園のあることには気づくまい。
こうした場所で休日を楽しむ人が増えるのはこれからのことなのかも知れない。

国立天文台内
111218_1

武蔵野の森公園から見た調布飛行場
111218_2

野川公園の野川沿いの道
111218_3


|
|

« 大橋ジャンクションの公園利用計画(11-12-17) | トップページ | 国際戦略総合特区と渋谷駅周辺 (11-12-19) »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大橋ジャンクションの公園利用計画(11-12-17) | トップページ | 国際戦略総合特区と渋谷駅周辺 (11-12-19) »