« 松見坂交差点からの眺め (11-12-12) | トップページ | 東急文化会館と渋谷ヒカリエ (11-12-14) »

駒場の米屋 (11-12-13)

東大前商店街のはずれにあたる場所、井の頭線ガード手前の樫野米店がリニューアル工事完了してオープンした。米屋とは思えないような洋風の外観で、店内には精米機、餅つき機が設置されている。
餅を買いたかったので聞いたところ、「これからこれでつくんですよ」と、機械を指差した。この時期に合せて改装をしたようである。餅は25日までに予約のあったものを、28日に配達をするとのことだ。どうもそれが伝統的な餅の買い方らしく、一年中買えるスーパーの餅では正月の食べ物とはいえないのかも知れない。
樫野米店の餅は店内で米を木炭で炊いて作るという凝ったもの。米屋で予約して餅を買うという日本の歳末の伝統にもう一度帰るのもよさそうだ。

111213_1

精米機
111213_2

餅つき機
111213_3


|
|

« 松見坂交差点からの眺め (11-12-12) | トップページ | 東急文化会館と渋谷ヒカリエ (11-12-14) »

お店の紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松見坂交差点からの眺め (11-12-12) | トップページ | 東急文化会館と渋谷ヒカリエ (11-12-14) »