« 駒場キャンパス内の保育園園児の足裏(11-11-06) | トップページ | 渋谷の地域振興(11-11-08) »

ラブホテルの街を歩く(11-11-07)

円山町から道玄坂2丁目の百軒店周辺にかけては、ラブホテルの多いことで知られている。それも坂の上に続く細い道を上っていくため、そこを歩くのはホテルの客と見られるのではないかと気後れしてもおかしくない。慣れないと、カップルで歩く人を見るだけでも、のぞいえいるような気恥ずかしい思いをするのはやむをえないことともいえよう。

周辺の住民や仕事をする人たちでも、ホテル街をあちこち歩く必要は全くないわけだから、その全体像を知る人は宅配業者とか、ホテルと何らかの形で仕事を受けている人に限られるはず。ライブハウスが並び自動車が坂を上っていくランブリングストリートを挟んで2つの街があり、このエリアの面積は広い。
そこで、心理的に近づきにくいこの丘の上の街を、神泉駅前の踏切横の階段を上って百軒店を回り、東急本店前に出る散歩コースとして提案してみる。

出発は井の頭線の神泉駅。改札口を出てからエスカレーター横の階段を降りて、踏み切りの先のトンネル横にある階段を上って飲食店の並ぶ道に出る。少し左に折れてすぐ右に入ると道玄坂地蔵のある交差点に着く。両側は料亭の建物。それぞれの方向がどこに通じるのか分かるのは、ここをいつも歩く人たちに限られよう。一番距離のある左方向の下り坂を進む。突き当たりを右に曲がると百軒店のアーチが見える。そのアーチはくぐらずに右に曲がって坂を少し上がり、O-EASTの先を左斜めに。道玄坂が見える所でまた左折し、突き当たりを右に折れてすぐ左へ。そこからまた左に入り、ランブリングストリートに向かう百軒店のアーチの手前を右に行くと千代田稲荷神社に突き当たる。
そこから道玄坂方向に向かい、名曲喫茶ライオンの前を通って、ローソンのところで左折してすぐまた左折。ラブホテルしかない狭い坂道を下り、突き当たったところを右に折れると、左側の坂の下に東急本店が目に入る。そこがこのコースのゴールとなる。表通りに出てほっとするかも知れない。

どこをどう歩いたかわからなくなるミステリー・ツアー。見慣れない建物に驚き、日常から離れたような気分が味わえるコースになるのではないか。

111107_1


|
|

« 駒場キャンパス内の保育園園児の足裏(11-11-06) | トップページ | 渋谷の地域振興(11-11-08) »

円山町・百軒店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 駒場キャンパス内の保育園園児の足裏(11-11-06) | トップページ | 渋谷の地域振興(11-11-08) »