« 国道246号線をまたぐ橋(11-10-14) | トップページ | 東京の公園(11-10-17) »

渋谷百軒店の夜(11-10-15)

渋谷百軒店は歴史のある飲食店街なのだが、ラブホテルや風俗店に囲まれているため、敬遠する人が多い。通り抜けてもそこにどんな店があるのか、まずわからない。それだけに、渋谷の駅から近い隠れ家として利用されているともいえる。
名曲喫茶の「ライオン」、ロックのライブ演奏のある「B.Y.G」、カントリー&ウェスタンの「グリーン」といった、歴史ある音楽にこだわる個性ある店主の店が、ほとんど昔から知る人だけを相手に営業をしているようだ。 百軒店については、写真家の都築響一さんのブログに詳しい。http://roadsidediaries.blogspot.com/2011/07/blog-post_27.html

その百軒店と道玄坂小路の間、ほとんどそこに何があるのかわからないという場所に、ジャズライブハウスの「Ko-Ko」がある。中に入ると外の雰囲気を全く忘れさせる空間。渋谷にライブハウスは無数にといってよい程あるが、どこでどんなことをやっているのかわからない。ただ、ホームページで検索すれば、出演者の名前を知ることができるようになっている。

昨夜の「Ko-Ko」は石田和也(Dr)、六角屋雄介 (Sax)、山吹桜(P)、河村洋(Eb)、+鈴木尚美(Vo)といった面々に、飛び入りのサックス奏者が加わるというもの。客層はボーカルの鈴木尚美さんの関係者が多かったようで、年齢層は40~50代。20人ほどで満席になる客席スペースだが、ゆったりと寛げるところが、若い人を対象とするライブハウスとは違うようだ。

食事やお酒ではなく、音楽を楽しむ、というスタイルが増えてくるのではないか。それもテレビやパッケージ、あるいはよく知られたミュージシャンのコンサートではなく、生演奏を居間で聞く気分で、ということになるような気がする。渋谷百軒店から円山町にかけて、さまざまな分野の音楽を気軽に楽しめるようになる環境になってほしいし、その可能性が東京で一番高いといってもよいだろう。

「Ko-Ko」へ向かう道は入りにくい雰囲気
111015

昨夜のライブ

|
|

« 国道246号線をまたぐ橋(11-10-14) | トップページ | 東京の公園(11-10-17) »

お店の紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国道246号線をまたぐ橋(11-10-14) | トップページ | 東京の公園(11-10-17) »