« 30回目の「こまばのまつり」(11-8-28) | トップページ | 渋谷の秘境(11-8-31) »

神泉仲通の喫茶店(11-8-30)

神泉仲通という道路名称の表示を見たことはないが、道玄坂上交番から旧山手通りの神泉駅入口の信号までの道の呼称として地元では通用している。かつては花街の料理屋、待合、芸者置屋を管理する検番があったことから検番通り、あるいは三業地であったことから三業通りと呼ばれていた。高齢の人にはその方がわかりやすいこともある。坂とカーブのある道ということでは渋谷らしく、一方で下町の雰囲気をかもしだしている。
住居表示は円山町と神泉町にまたがり、この通りに沿った地域は親栄会という名の町会に属する。円山町には円山町会があるのだが、同じ円山町にあっても神泉仲通の坂を下ったエリアは親栄会になるというものだ。ちなみに円山町の道玄坂側も別の町会である。
この神泉仲通には3軒の喫茶店がある。神泉駅に近い「トシ」と神泉町の旧山手通りに近い「プルメリア」は昭和風の店。その中間にある「タカノコーヒー」はチェーン店風に見えるがそうではないセルフサービスの店。それについ最近まで「フィオーレ」という古い喫茶店も神泉町側にあったのだが、いつの間にかスペイン料理店に変わっていた。
神泉仲通は食品スーパーのマルエツ・プチがあって生活感が際立つ一方通行の裏通り。静かに時間が流れているような通りにある、オシャレとは程遠い無個性といってもよい喫茶店は、それなりに落ち着きを感じさせるものである。

110830_1


110829_2


110929_3


|
|

« 30回目の「こまばのまつり」(11-8-28) | トップページ | 渋谷の秘境(11-8-31) »

お店の紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 30回目の「こまばのまつり」(11-8-28) | トップページ | 渋谷の秘境(11-8-31) »