« 目黒区小型消防ポンプ操法演技発表会(11-6-5) | トップページ | 渋谷区議会定例会を傍聴して(11-6-7) »

世界女性会議を渋谷で(11-6-6)

今日から渋谷区議会の第2回定例会がはじまり、自民党を代表して佐藤真理区議が区政の課題をさまざまな角度から質問した。その中で「世界女性会議を渋谷で開催することに大きな意義があると思うがどうか」とのことがあった。
世界女性会議とは、女性の地位向上を目的として国連主催のもとで開かれている会議で、1975年にメキシコで開催されたのが第1回。1980年が第2回でコペンハーゲン。第3回は1985年でナイロビ、第4回が1995年に北京、といった経緯だ。昨年は日本女性会議2010というのが京都で開催されている。
桑原区長の答弁は、女性団体で受け入れ体制が取れるかどうかを見ながら検討する、というもの。税金は当てにできないよ、ということだろう。

世界女性会議を日本で開催するなら会場は国連大学で、そこは渋谷区だから渋谷区で誘致の旗を上げることはおもしろい。東京で開催というと、ババア発言で有名な石原都知事に女性団体はなじまないようにも思える。質問は渋谷区議会の自民党を代表してのものであり、より女性の地位向上を主張する団体に近そうな渋谷区の他の会派も同調できるはず。

女性の街といったイメージのある渋谷で世界女性会議を、ということには夢があってよい。渋谷区議会を中心に超党派の議員で呼びかけるのがよいのだろう。渋谷区自民党のイメージとはやや違うようでもあるのだが。

|
|

« 目黒区小型消防ポンプ操法演技発表会(11-6-5) | トップページ | 渋谷区議会定例会を傍聴して(11-6-7) »

渋谷全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目黒区小型消防ポンプ操法演技発表会(11-6-5) | トップページ | 渋谷区議会定例会を傍聴して(11-6-7) »