« 江戸の街並(11-5-8) | トップページ | 目黒FMの開設へ(11-5-10) »

駒場にバラが咲きだした(11-5-9)

5月になって一斉に花が咲いている。ツツジ、フジ、パンジー、スミレ等々。そんな花の地図があるとよいと思う。インターネットによる共同作業でいずれそうしたことも可能になるかもしれない。それでも草花は頻繁に植え替えるので、なかなか大変そうなのだが、実現できそうなのがバラの地図。今咲き始めて、秋に咲くものを含めると11月まで花を見ることができるから、その品種を知ることもなんとかなりそうだ。

バラの品種を覚えるのはなかなか大変なこと。オールドローズ、モダンローズ、イングリッシュ・ローズ、修景バラ、ハイブリットティー、フロリバンダ、つるバラ、といった分類名から、マリア・カラス、クイーンエリザベス、アイスバーグといった品種名があり、新品種は毎年誕生する。その品種ごとの違いがわかると花が見えるのだ。

駒場には東大Ⅰキャンパスの正門横、駒場公園の洋館前、駒場野公園の拡張部分管理棟前の3ヶ所に、駒場バラ会が管理するバラ花壇があり、その他にも、東大前商店街のガード下、駒場バラ園で見ることができる。個人宅でもバラ植えているところが少なくない。そんな駒場のバラが今咲き始めている。

バラは手間がかかるので、手をかけられる人でないと育てることができず、諦めてしまった人も少なくないだろう。だからこそ、手をかけることで自慢の花を咲かせるというのがバラ愛好家のようだ。しかし自分で育たなくても近所にバラがあれば、それを眺めていればよいともいえる。

神代植物公園、代々木公園、新宿御苑と、大々的に栽培しているバラ花壇はあるけれども、街角にあって景観をつくるようなバラの魅力には代えがたいものがある。花の名前を知るだけでも楽しい。

東大駒場キャンパス正門横
110509_2

駒場野公園のウィリアムシェークスピア2000
110509_3

駒場野公園のメアリーマグダレン
110509_1


|
|

« 江戸の街並(11-5-8) | トップページ | 目黒FMの開設へ(11-5-10) »

駒場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 江戸の街並(11-5-8) | トップページ | 目黒FMの開設へ(11-5-10) »