« パソコンとインターネット(11-5-20) | トップページ | 90歳の渋谷(11-5-23) »

新宿で写真展(11-5-22)

5月30日(月)まで新宿西口エルタワー28階のニコンサロンで今年の酒田市土門拳文化賞受賞作品「うらうへ」の展示がされている。昨年2月に写真集が発行され、やはり新宿で写真展を開催していたが、今回はスペースの関係で、若干点数を減らしての出展となったもの。

「うらうえ」とは表裏の意味とのことで、日常的な水をテーマとした写真群を心象風景と表現し、幻想的な世界を演出している。さまざまな場所で撮影したものだが、そこがどこなのかということは問題にはならない。

絵画や写真などを鑑賞できる場の多いのが東京であり、渋谷周辺にもそんなギャラリーのスペースは多い。アーティストによる発表の場がより分かりやすくなり、訪れる人がもっと増えていくことが望まれている。一方で渋谷イメージはギャラリーには似合わないようでもある。渋谷をイメージチェンジするか、松涛、神泉、南平台といった地名を独立させるかということになりそうだが、代官山のように渋谷から独立した周辺地区が多くあった方がよさそうでもある。

「うらうえ」を発表した写真家の市川恵美さんは、TSUTAYAが提唱するプレミアエイジと呼ばれる世代の上の方に属する。趣味で写真を始めた人なのだが、これからの一層の活躍を楽しみにしよう。

またプレミアエイジに抵抗感のない、新しい街のイメージをつくって渋谷とは別の名前で展開する必要性を改めて感じる。渋谷WESTは当初から渋谷とは違うとしてきたが、もっと違いを分かりやすくしていくことにする。

Uraue2

|
|

« パソコンとインターネット(11-5-20) | トップページ | 90歳の渋谷(11-5-23) »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パソコンとインターネット(11-5-20) | トップページ | 90歳の渋谷(11-5-23) »