« 災害と報道(11-3-13) | トップページ | 気仙沼市への救援活動(11-3-15) »

静かな渋谷(11-3-14)

月曜日の渋谷は遊びに来ている人がほとんど見られなかった。109も閉まっていた。こんなことがあるのかというほど。金曜から日曜の夜まで、それなりの人出はあったのだが、さすがに遊ぶ雰囲気ではなくなってしまったのだろう。フードショーも米、納豆、タマゴ、牛乳などが売り切れ、パン屋には長い行列ができていた。
原子力発電所が停止して、それをカバーすることは容易ではない。いつまで続くのか検討もつかない電力不足が続く。経済活動への影響は津波の被災地にとどまらない。営業ができなくなる商売も出てきそうだ。海外からの観光客も途絶えるだろう。
テレビには悪いニュースしかない。被害は拡大するばかり。もうこれ以上の被害がない、という時が早く来てほしい。最低それまでは渋谷の活気回復の期待はできない。

109が閉店
110314_1

スクランブル交差点も人がまばら
110314_2

空っぽの棚
110314_3


|
|

« 災害と報道(11-3-13) | トップページ | 気仙沼市への救援活動(11-3-15) »

渋谷駅周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 災害と報道(11-3-13) | トップページ | 気仙沼市への救援活動(11-3-15) »