« 神泉駅(11-1-8) | トップページ | 渋谷のオフィス街(11-1-11) »

ヘブンアーティストIN渋谷(11-1-10)

10日の午後、渋谷109を中心に道玄坂と文化村通りを開放して、「ヘブンアーティストIN渋谷」のパフォーマンスが繰り広げられていた。一番目立ったのは中国雑技芸術団。高い所での演技だから人目をひく。椅子を積み上げた上での若い女性の倒立は危険を冒しているところが見ものとなる。検索したところ、中国で雑技の訓練を受けた中国人がメンバーであり、もっぱら日本国内で公演しているということを知った。
このイベントは東京都・ヘブンアーティスト運営実行委員会、道玄坂商店街振興組合と渋谷中央街が主催・共催ということだ。ちなみに中央街はセンター街ではない。
ヘブンアーティスト18組、海外アーティスト2組という構成なのだが、中国雑技芸術団は海外アーティストとしての扱いではない。海外アーティストはフランス人男女によるアクロバットと巨大な歩く怪物ダークラクー。いずれも迫力あるもので、一般の日本人ヘブンアーティストは海外勢と較べると存在感が薄いように感じられた。
学園祭レベルの芸では客が集まらないだろうし、プロとしてのパフォーマンスは大道芸というわけにはいかないのかも知れない。道玄坂も文化村通りもいつもの休日と比べて人通りが増えているようには見えず、その一方、イベントとは無関係のセンター街や公園通りは賑わっていたのだから、商店街としての効果はどうだったろう。

110110_1


110110_2


110110_3


|
|

« 神泉駅(11-1-8) | トップページ | 渋谷のオフィス街(11-1-11) »

渋谷駅周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神泉駅(11-1-8) | トップページ | 渋谷のオフィス街(11-1-11) »