« 渋谷WESTの1年をふりかえる(10-12-29) | トップページ | 今年開店した注目店(10-12-31) »

神泉の飲食店(10-12-30)

神泉という名前は、神泉駅とその周辺をイメージしがちなのだが、神泉町は住宅地で旧山手通りに面して個性的な飲食店が点在するという理解をした方がよさそうだ。神泉仲通が古くからの商店街なのだが、この道と旧山手通り・246に囲まれたエリアは円山町と一体になった神泉・円山親栄会になっている。神泉町会はそれ以外の旧山手通り、栄通りにと神泉駅から栄通りに出る道に囲まれたエリアとなる。

その神泉町会のエリアにある飲食店は個性ある魅力的な店ばかり。神泉駅のすぐそばに並ぶ3軒の店は、シチリア料理の「アルキメーデ」、居酒屋の「SORA」、そして11月にオープンしたばかりの「ドットメガネ」。いずれもスペースの狭いところが魅力となっている。栄通りを左折して坂を上がっていくと、マニーというフランスからの輸入雑貨専門店があってその隣がバー「A-seat」(エーシート)。その先の「魚ゆう」は魚屋の3代目が主人の魚料理の居酒屋。

神泉町交差点に出てから旧山手通りに入ると、喫茶「フレンズ」、日本料理「和久田」、魚料理の「魚ちゃん」、ラーメンの「砦」、うなぎの「いちのや」、パスタの「ピオッピーノ」。少し歩いて、すし「菊池」で神泉仲通とぶつかる神泉駅入り口の交差点となる。左に少し入ったところにある中国家庭料理の「文琳」も中華料理の店という感じではない。

渋目陸橋の反対側も神泉町のところがあって「クンバデュファラフェル」がそこにある。メニューだけでなく、これほど個性的な店もなかなかないだろう。

それらの店はそれぞれに個性的なのだが、唯一「いちのや」が川越に本店があるとはいえ、チェーン店が一軒もないのはこの先の松見坂を含め特徴といってよいのだろう。

|
|

« 渋谷WESTの1年をふりかえる(10-12-29) | トップページ | 今年開店した注目店(10-12-31) »

松涛・神山町・神泉町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渋谷WESTの1年をふりかえる(10-12-29) | トップページ | 今年開店した注目店(10-12-31) »