« Bunkamuraザ・ミュージアムでの記念展(10-11-1) | トップページ | 明治神宮90年(10-11-3) »

渋谷区の統一地方選挙(10-11-2)

渋谷区議会の会派別内訳は自民党10人、公明党6人、共産党6人、民主党4人、真自由政経フォーラム2人、区民の会民主2人、無所属4人となっている。これに対し、直近の参議院選挙での比例区の得票を議席に按分すると、民主11、自民7、みんなの党6、公明3、共産3、社民1、たちあがれ日本1、改革1、創新1ということになる。目黒区同様、公明党と共産党の議席数が国政選挙の得票数と比較すると多い。いろいろと分析はできるにせよ、政権与党である民主党が区議会での発言力が弱いことは否定できない。
そこで来年4月の統一地方選挙だ。区長選もあるが、前回の投票率は40%。マスコミが扱わない個別の地方選挙には関心が及ばないのだろう。インターネットで演説会の案内をするなど、関心をひく動きが活発化してよい。
ちなみに3日の午後4時からは小沢一郎氏がニコニコ生放送で、江川詔子氏らジャーナリストや視聴者の質問に答える。国会ではなくニコニコ生放送というのはふざけている!と感じるかどうか。
ネットメディアがいよいよ本格的に政治の世界に参入といってもよいのではないか。統一地方選挙でもツイッターの利用が増えれば、ネットメディアの動きが活発化するだろう。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw2222

|
|

« Bunkamuraザ・ミュージアムでの記念展(10-11-1) | トップページ | 明治神宮90年(10-11-3) »

渋谷全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Bunkamuraザ・ミュージアムでの記念展(10-11-1) | トップページ | 明治神宮90年(10-11-3) »