« 道玄坂まちづくり勉強会(10-11-12) | トップページ | まちづくりで目指すもの(10-11-14) »

渋谷のまちづくり(10-11-13)

渋谷ではまちづくり活動が活発になっている。現在の渋谷駅を壊してほとんどゼロベースで新しい駅ビルを作ることになっているからだ。そのために地域の関係者によるまちづくり協議会がいろいろと出来ている。「渋谷駅周辺地区まちづくり協議会」「渋谷・東地区まちづくり協議会」「道玄坂まちづくり勉強会」「円山まちづくり勉強会」といったものがある。もっとも、それらがどれほどの人たちに関心をもたれているかは知らない。
こうしたまちづくり活動のニーズは、渋谷駅再開発にともなう都市計画を行うにあたって、地元の要望なり問題意識を吸収しておきたいという行政機関側にありそうだ。地域の事業者や住民など地元側は、現状の、そして再開発による負の部分をどう処理するか、ということへの関心が大きい。現状では駐車や性風俗店の問題が共通の課題となる。一方で渋谷全体がどうあってほしいか、どういう事業者や機関を誘致するか、といったグランドデザインについては、そこまでやっている余裕はないのだろう。
そんな中でも「道玄坂まちづくり勉強会」で過去に議論された中には、重要と思われる意見がある。「NHKは、渋谷の活気、にぎわいに大きく貢献している。引き続き居てもらうようにすることが必要」というのもその一つ。都知事が汐留にオリンピックのプレスセンターを作り、その後はNHKに入ってもらうとの発言があったことによるのかもしれないが、渋谷全体をNHKの立地にふさわしいまちにすべき、との考え方とすれば、話のスケールが大きくなる。
また、道玄坂は片側1車線化し、歩道を広げるべき、との意見がある一方、歩道を広げるとケーブルカー設置などの可能性をなくしてしまうとの意見があることも重要だ。
渋谷のまちづくりの当面の課題は、駅周辺をどうするか、なのではあるが、その前に、渋谷はどんなまちをめざすのか、という視点があってほしい。定量的な人や車の流れを処理するだけのまちづくりではなく「NHKが他に移ることのできないまち」はどうあるべきか、との視点からも構想を練ってほしい。

|
|

« 道玄坂まちづくり勉強会(10-11-12) | トップページ | まちづくりで目指すもの(10-11-14) »

渋谷駅周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道玄坂まちづくり勉強会(10-11-12) | トップページ | まちづくりで目指すもの(10-11-14) »