« 昭和40年代の渋谷写真展(10月5日) | トップページ | 再開発が進む渋谷駅の南(10月7日) »

駒場の避難訓練(10月6日)

駒場の避難訓練が10月24日に行なわれる。スケジュールは会場や協力団体などとの日程調整もしながら決定し、その具体案が煮詰められて今日その案が内示された。
会場の駒場小学校の体育館と校庭で行なわれる内容は、AED操作、救急救命、ロープ結び、三角巾の使用、避難所運営、初期消火、D級ポンプ放水、簡易トイレ組み立て、消防自動車見学、煙ハウス体験、アルファ米炊飯、と盛りだくさん。防災倉庫にある備品も展示する。
課題はどれだけ多くの人に参加してもらえるかということになる。大災害が起きた場合、訓練どおりにはならないのではないかとの疑問があるらしい。そのために参加する意義を認めないとの声もあるようだ。大災害が起きた場合、町会で実施する訓練がそのまま役立つことは100%近くないだろう。しかし訓練をしていないと応用ができない。いざというときのために、町会役員の顔を覚えておくことも有効だろう。駒場は渋谷の繁華街から難民が押し寄せる可能性もあるが、そこまえ考えてのシミュレーションは不可能に近い。秩序を維持することが最重要課題であり、そのために地域社会の果たしうる役割は大きい。訓練の知識がそういう中で役立つということになるはず。
駒場の避難訓練は近隣住民の参加も期待している。駒場町内の掲示板と回覧板でお知らせしている内容は以下の通りだ。
http://www.shibuya-west.com/bousai/bosai101001.pdf

|
|

« 昭和40年代の渋谷写真展(10月5日) | トップページ | 再開発が進む渋谷駅の南(10月7日) »

駒場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昭和40年代の渋谷写真展(10月5日) | トップページ | 再開発が進む渋谷駅の南(10月7日) »