« 劇場の街渋谷(10月4日) | トップページ | 駒場の避難訓練(10月6日) »

昭和40年代の渋谷写真展(10月5日)

渋谷マークシティの道玄坂上側から入ってすぐ右側にある「クリエーションスクエアしぶや」は、目立たないのでここを通っている人たちもあまり意識しないようだ。マークシティのホームページにも掲載されていない。このスペースはマークシティを建設したときに、公共スペースとして渋谷区に提供されたもので、高層マンションの横にある小公園と同じ趣旨のものらしい。渋谷サービス公社が運営していて、1~2ヶ月ごとに展示物を入れ替えている。
10月5日から11月14日までは「昭和40年代の渋谷写真展」と題して、昭和40年代の渋谷駅周辺の写真を10数点展示している。併せて当事をしのばせるものも置いてあり、ビートルズの曲を静かに流していた。
とはいえ、それほど広くないスペースの入口に近い半分は常設展示といってもよいハチ公関係のもの。そのせいか、中には受付の人がいるだけで、見学者は他になく1日何人見学するのだろうかというもの。渋谷といえばハチ公ということでよいのかとも思うのだが、それを疑問視する声もないのだろう。同様に目黒といえばサンマということで、「となりのサンマ祭り」を恵比寿でやったりもしているのだが、目黒区の若い商店主たちからは、もうサンマイメージはやめようとの声を聞いたこともある。渋谷の人たちは、ハチ公の街渋谷、ということでよいのなのだろうか。
「クリエーションスクエアしぶや」は、せっかくの場所が有効利用されていない、との印象をもたれかねないが、有効利用しようとすれば金がかかるということからか、最適な利用法が見つかるまでこのような形で利用しているということが賢明といえなくもない。

クリエーションスクエアしぶやの外観
101005_1

現在109のあるところ
101005_2

センター街方面 歩道に屋根がある
101005_3

文化村通り
101005_4

道玄坂上の渋谷三業通りの表示は神泉仲通り入り口
101005_5


|
|

« 劇場の街渋谷(10月4日) | トップページ | 駒場の避難訓練(10月6日) »

渋谷駅周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 劇場の街渋谷(10月4日) | トップページ | 駒場の避難訓練(10月6日) »