« ぎんなんの季節(10-10-22) | トップページ | 駒場小学校で2年振りの防災訓練(10-10-24) »

今も一人前500円の寿司(10-10-23)

一人前500円の寿司が食べられると聞いて出かける人はあまりいないようだ。それならスーパーで買って食べればよいとか、回転寿司にいくということになるのか。確かに世の中にはまずい寿司は存在し、正月に頼んだ宅配寿司ではない出前の寿司を一口食べて手をつけなかったこともある。ずいぶん昔、アメリカで試しに食べた機械が握る寿司もその類であった。
ところが渋谷マークシティの道玄坂上側出口に今年の3月に開店してこのブログでも紹介していた居酒屋梅乃木が、オープン記念サービスとしてはじめた10カン500円の寿司は普通に食べられる。宅配チェーン店並のネタで握りたての分ましというところか。ランチのみのメニューだが、半年以上たった今も続いているのはありがたい。
特に良いのは店の雰囲気。1階と地下で総席数196席の規模の店なのだが、外から見える1階席はカウンターとテーブル席で20数席ほど。カウンターの中に大将がいて、握りながら箱をストックしていく。他にその箱を客に配るスタッフが一人いるだけだが、地下は広い居酒屋空間になっているのだ。そんな1階席を料亭の待合のようだと居酒屋メニューの夜に訪れたときに感想を語った友人もいるほど。それだけの雰囲気といえないこともないのだろう。
ネット上では公開されていない隠しメニューのようで、ある時点で700~800円になるのかも知れないが、渋谷で速く、しかも気分よく昼食を済ませたい時の穴場ともいえよう。ちなみに地下では寿司ではないランチをやっている。

道玄坂上にある店の入り口
101023_1

お茶も自分で入れるのではない
101023_2


|
|

« ぎんなんの季節(10-10-22) | トップページ | 駒場小学校で2年振りの防災訓練(10-10-24) »

お店の紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぎんなんの季節(10-10-22) | トップページ | 駒場小学校で2年振りの防災訓練(10-10-24) »