« 「江戸の良さを見なおす会」第1回夜講(10-10-27) | トップページ | 松涛美術館は11月29日まで休館(10-10-29) »

松涛にメキシカン・バーが開店(10-10-28)

10月29日に栄通りに面した松涛公園の入り口にあたるところに、メキシカン・バーがオープンする。中目黒と赤坂で営業をしているジャンカデリックの3号店にあたり、Jalopy! と看板を出している。中目黒店は祐天寺との間の住宅地にあるのに、人気があって行列ができるとか。
永年営業していた日本料理の店、舳(みよし)の跡に入居したもので、以前の店の解体から新しい店のインテリアの工事まで、すべて店のスタッフで行なった。廃材を利用したカウンターをはじめ、内装全体がリサイクル品で構成されている。手作りの店なのだ。
メニューはテキーラの品揃えが豊富で、カクテル、ビール、ワインなどを飲みながら、タコス、ブリットといったメキシコ料理をスタンディングのカウンター席で楽しむことができる。椅子の数に拘束されないスタンディングのスタイルはこの近辺に何店もあるが、メキシカンという独特のカラーは遠方からも客が集まってくるはず。奥にはテーブル席もある。
営業時間は午前2時までなのだが、何時からということについては、最終的には午前10時からにするそうで、当面は6時ごろからになるのか。
センター街の渋谷イメージとは違う憩いの場として、スポットライトを浴びるだろう。だから、そんな場所にふさわしい通りの名称を考えたい。美術館通り、松涛通り、文化の丘、などなど、このあたりの店に集うひとたちの意見を集めている。

101028_1


101028_2


101028_3


|
|

« 「江戸の良さを見なおす会」第1回夜講(10-10-27) | トップページ | 松涛美術館は11月29日まで休館(10-10-29) »

お店の紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「江戸の良さを見なおす会」第1回夜講(10-10-27) | トップページ | 松涛美術館は11月29日まで休館(10-10-29) »