« 仙石官房長官が駒場に(9月4日) | トップページ | 駒場Ⅱキャンパス(9月6日) »

目黒のさんま祭り(9月5日)

今日は「目黒のさんま祭り」があったが、これは目黒区で開催されているものではない。報道では「東京・目黒区」の表示もあるが、主催は品川区『目黒駅前商店街振興組合青年部』で、目黒駅前といっても品川区にある商店街なのだ。そこでふるまわれる6000匹のさんまの塩焼きは宮古市からのプレゼント。さんまが高値の今年は例年の2~3倍の価値があるともいえよう。行列はこの暑い中、2時間から3時間待ちとのことだが、行列に参加すること自体が楽しみともいえそうだ。
http://news.tv-asahi.co.jp/news/web/html/200905015.html
さんま祭りは目黒区でもある。9月19日(日)に行われる目黒SUNまつりのプログラムの一環としてのさんま祭りとなるのだ。こちらのさんまは気仙沼市からのプレゼント。会場となる田道広場公園では品川区のさんま祭り同様さんまの塩焼きに行列ができる。さんま祭りは宮古市と気仙沼市のボランティアが出張してサービスをするもので、それら市民の祭りといえないこともない。いずれにしても、多くのボランティアと寄付金によって実施される。
目黒SUNまつりと同じ9月19日は、渋谷では金王八幡の例大祭で道玄坂を神輿が埋める。こちらも地域の祭りなのだが、神輿の担ぎ手は神輿会の協力が必要のようだから、外部の力を借りる点では同じことなのかもしれない。

|
|

« 仙石官房長官が駒場に(9月4日) | トップページ | 駒場Ⅱキャンパス(9月6日) »

地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仙石官房長官が駒場に(9月4日) | トップページ | 駒場Ⅱキャンパス(9月6日) »