« 渋谷区内の新宿(8月7日) | トップページ | 氷川台の埋蔵文化財調査期間が延長(8月9日) »

高齢者の生存確認について地元議員から(8月8日)

8月4日に高齢者の生存確認について書き、区議会議員の方々の対応を期待したが、それが通じたかのように、地元の目黒区と渋谷区の区議会議員の方々からその見解がネット上で出されている。
http://www.shibuya-west.com/2_giin.html
以下に順不同で紹介させていただく。

(目黒区)
小野瀬康裕区議(38歳自民)
まず9月の敬老記念品贈呈は、80歳は5千円(傘寿)・90歳1万円(卒寿)贈呈。百歳訪問誕生日月に特別記念品料として3万円贈呈。目黒区の100歳対応はまさにマンパワー。生存確認は毎月誕生月に高齢福祉課の職員が直接訪問、本人に直接祝い金を手渡し。本人に会えない場合は有料老人ホーム入所などの場合が多く、職員は状況をお聞きする。マンパワーの上に性善説で安心。

森美彦区議(59歳共産)
目黒区でも、民生委員が65歳以上のお年寄りを年1回敬老の日に訪問して敬老金を手渡す制度がありました。一人ひとりと面接して渡すので安否確認や状況を知る上でもってこいの制度でした。
敬老金が廃止されようとした時に、私は、当時の区長に対して、安否の確認をする機会を減らすとともに、生活費にあてている人も多いと主張しました。青木現区長になっても、福祉電話代助成をカットするなど、高齢者の安否確認のための予算は削減されてきました。

土屋克彦区議(40歳民主)
「失踪したら行方不明で警察に届ける」とか「死んだら死亡届を出す」とか、常識と良識の領域。届け出ない人を罰する法でもつくった方が早くないかとか思ってしまう。ルールを守らない一部の人のせいでルールを守る大多数の人が迷惑をこうむる好例だ。目黒区は1人暮らしの高齢者が多いこともあり、民生委員がけっこうしっかりまわって確認しているから大丈夫の模様。詳細は現在確認中なのでそのうち分かったら記事にしよう。

二宮啓吉区議(72歳自民)
問題点として、安否確認の徹底に個人情報法の壁。個人情報の医療保険や介護保険の利用実績を確認することについては目的外使用との指摘は有るが、安否確認に必要。目黒区の個人情報審議会はとても目的外使用に厳しく本来の必要の施策が進まないこともしばしば。私も昨年度なんでこんな事がと、不正使用にならなければ良しとせねば、なかなか手厚い施策は進まない。超高齢化社会において地縁・血縁のなさ、核家族とともに家族の希薄化、また近所付き合い、地域社会の機能欠除だ。取り戻そう地域社会の温もりを。

(渋谷区)
浜田浩樹区議(32歳民主)
渋谷区100歳以上84名の方の所在すべて確認済みとのこと。渋谷は75歳以上に敬老祝で現金を1万円を民生委員が手渡ししたり、見守りサポート委員制度があったり、災害時要援護者リストの整備を進めたりということもあり、他よりはそういうことが起こらない素地があると思う。

鈴木建邦区議(36歳民主)
高齢者の生存確認の件で、行政が確認を怠っていたって論調がよくわからない。戸籍の届け出は誰に責任があるのか、という話。独居老人や老老世帯なら福祉的観点で行政の責任が問われると思うが。以前、高齢者に一万円ばらまく敬老祝金事業野廃止を迫ったときの答弁は、「生存確認という意義もある」というもの。なんだかなあと当時は思ったが。高齢者に毎年祝金を贈る事業は事業目的と手段・コスト双方で問題があると思っていたが、行政が生存確認をしなきゃいけないというのなら考えを改めざるを得ない。家族のいる高齢者も行政が安否確認しろ、サポートしろって言うけど自分が高齢者と同居していたら、行政が性悪説に立ってちょくちょく調べにきたら嫌な人が大半では。サポートについては介護保険でも手一杯なのに、さらに何をしろと?
感情はわからないでもないけれども、高齢者の安否確認の件を行政の怠慢に帰していいものかどうか?届け出を怠ったことこそが責められるはずなのに、行政に求められる役割をそんなに増加させていいの?

渋谷区では75歳以上の高齢者に敬老祝で現金を1万円を民生委員が手渡すという安否確認コストをかけている。目黒区も以前は65歳以上にそうしたことをやっていたのを廃止したが、それでもていねいに確認作業をしている。そんな事実がわかる。
高齢者の生存確認で問題になったのは、全国1700を超える市区町村のうちわずか8自治体。100歳以上の生存確認に失敗した自治体で現在判明しているのは全体の0.5%にも満たないわけだ。高齢者の人口が増えればその確認作業がますます大変になり、それが自治体の重要な課題であることはいうまでもない。しかし、東京の目黒区と渋谷区ですら対応が違うのだから、全国ネットで騒ぎ、国でなんとかしろ、という問題になるものなのか。自治体という現場にある議員の意見こそ傾聴するようにしたいものだ。国会やテレビの全国放送で議論されるようでは、地域主権への道のりは遠い。

|
|

« 渋谷区内の新宿(8月7日) | トップページ | 氷川台の埋蔵文化財調査期間が延長(8月9日) »

地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渋谷区内の新宿(8月7日) | トップページ | 氷川台の埋蔵文化財調査期間が延長(8月9日) »